丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

初夏(猛暑)の始まり

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0352.jpg

写真が、左反転してますが・・・・・
土佐刃物の板目の地金が、美しい「文化包丁」
仕上げ砥石は、「丹波青砥」・・・・・京都は、亀岡産
下手のグリーンの砥石は、#3000のダイヤモンド砥石

これで、玉ねぎを刻んでも、トマトの皮も綺麗にスライスして
涙も、潰れる事も無く、美味しく戴くことが、出来ます。

また季節的に、綺麗なお花の・・・・・

DSCN0353.jpg

手前側のお花は、「ネジバナ」小さな山野草。
後ろ側は、「木賊」 ・・・・・トクサ。現代風に
言うと#240位のサンド・ペパーです。

DSCN0355.jpg

職場の「八重のクチナシ」
麗しき香りのする香木で、ある人を思い出す「大好きな樹木です」



スポンサーサイト

もうすぐ袋掛け

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01399_20180702162246bbc.jpg

今年は何かと、葡萄に縁がありまして・・・・・

葡萄の手鏡、少年と葡萄のレリーフ。

そして、食べれるピオーネと巨峰。

休日は、ブドウの世話と草刈りに追われてる2か月です。

DSC01398_201807021632315cf.jpg

そして、ブルーベリーですが、これも野鳥との取り合いで、防鳥ネット2重張りでなんとか

ですが・・・・・。次なるは、アライクマや猿、ハシブトカラス&人間対策で、電気柵を近日中に

設置しなくては。

ヨーグルトは、培養のおかげで毎日欠かさず続けているので

風邪知らず、元気?に過ごしてます。





クリーン作戦

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

田舎暮らしをしていると、「地域の事は、住民で・・・・」環境美化に努めましょうと・・・・

DSCN0333.jpg

毎年、6月の第一日曜日は、市内一斉の「クリーン作戦」
午前8時から11時。住人30名ほどで河川の管理道路と法面と
河川敷の草刈りをしています。
もちろん、刈払機で雑草をかるのですが・・・・・

DSCN0340.jpg

近年、道路脇でよく見かける様になった花。
黄色いコスモスやな?誰が、植えたんやろ・・・・?
不思議やったのですが、「オオキンケイギク」と言う名の
特定外来種。在来種に影響をあたえるので、栽培や譲渡が
禁じられてるそう。
綺麗な黄色い花と思って刈り残してたりしてたのですが・・・

これからは、セイタカアワダチソウと共に刈って行こうと
思いました。

実が付く

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0326.jpg

サクランボ「佐藤錦」です。たぶん。
鈴なりに実ってましたが最後の一粒です。
この一粒だけが、私が食した実です。涙
この他のの実は、すべて、野鳥のエサとなりました。
「防鳥ネット」をして、ガードしていましたが土鳩、百舌鳥、鳶やら
あたりにすべて、やられました。

そして、自宅工房の前の「グミの木」も色ずくとすぐに捕られます。
これから、鳥との戦い
実採り合戦です。
DSCN0325.jpg

畑の「葡萄」が、摘果と剪定のシーズン。

DSCN0328.jpg

DSCN0322.jpg

葡萄の手鏡も彩色してみました。
ホウの木の木地に調合塗料の「クリーム」で下地。
葉っぱの所は、グリーンにマホガニーで、陰影をつけて
実の方は、アクリルで彩色しています。
後は、艶をどの程度にするか・・・
飴色のクリアを薄めて、吹き漆の要領で仕上げる予定

DSCN0323.jpg







道具としての楽器(篠笛)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0301.jpg

篠笛も色々と種類がありまして・・・
先ず、音程で13種類程ありましてさらに、唄もの・神楽もの分類されて
6つ穴、7つ穴(指の抑える所)
また、プラッチック製、竹製の中でも純竹製、藤巻、カシュウ塗り、漆仕上げ、蒔絵を施したものと
数え上げて、コレクションしたら何百本となるでしょうし
金額も幾らかかる事でしょうか?

私が、普段使ってるのはプラッチック製の2千円もしない入門者用。
7本調子(B♭)唄ものです。

今回、竹製8本調子(C調)7つ穴をネットで検索して「ノーブランド」ものを
2千五百円位(着払い)で、購入。

西洋音階に調律してあるので、ピアノとかギターなんかとも
コラボ出来る様になりました。

後は、「使いこなせるか?」の練習に係っています。
「高価な楽器が、良い音するとは限らないのが、道具の世界」

また、水道管を利用しての自作される方や、竹箒に穴を開けて笛として
演奏されて有名になる方とか・・・
人によって楽しみ方や、自慢の仕方も人それぞれ・・・・・

私は、将来民謡から、童謡、神楽笛、囃子調が、こなせる笛奏者に
成りたいな・・・・・。