FC2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

桜二華咲く?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN1459.jpg

3月23日(月)午後3時、我が工房の(三凜?)桜「ソメイヨシノ」。

この澄み切った春の陽光に誘われて、この丹波にも
「桜咲く」の季節が、やって来ました。

DSCN1453.jpg

その他にも、「アーモンド」の花も満開。

DSCN1446.jpg

もちろん、サクランボの花も、満開。

元気、出して生きましょう。

スポンサーサイト



陽光

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN1450.jpg

何だか、判ります?
今では、使われなくなった鍛冶道具の一つ、「鞴・ふいご」です。
使用している材種は、「スプルース」。
松炭に風を吹き上げる装置(?)が、鞴です。
この装置のおかげで、炉内が、800度位から、1.200度位まで
風(酸素)のおけげで、上昇します。

製作に当たっては、昭和30年代の鍛冶場の再現で
三木市在住の鍛冶職人「O氏」監修の元、再現しました。
ただ、再現不可能だったのが、材料「杉細目柾目材」でした。

続く・・・・。



作って楽しむ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN1440.jpg

不要不急の外出禁止令発動?
自主事業の自粛。貸館は、OKの不思議な対応の社会。
結局、誰も責任追及されるのが、怖いのです。
主催者の管理、責任能力が、問われています。
政府や地方自治体の裁量次第ですが・・・・・。

まあ、私らレベルでは、「こんな、時だけど集まりたい人、寄っといで」
のスタンスで、「それぞれの自己責任で、覚悟の上、お越しください」と
しか言えません。

幸いに、今日3月7日(土)は、予定されてた「某国営放送番組」
地元ローカル歴史ウオーク番組に地元和太鼓集団として、ワン・カット
入る予定で、お休みを取っていましたが、早々と中止の決定の御通達。

あー、せっかく休みを3か月前から、取っておいたのになー

でも、せっかく他の予定を入れてない貴重な土曜日の休日。

次の晴れの日の準備に、太鼓撥(バチ)を、3組木工旋盤で
製作。
右側から、檜製、楓製、ホウ製等。

樹種によって音が、変わるのが、何とも「生き物」の世界
個体差が、あって面白いです。

DSCN1439.jpg

こんな風に閉じ込められたら良いのに。(すまん「カメムシ」さん。


天龍川其の2

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN1360.jpg

歴史街道の中山道は、魅力一杯。
インパウンド関係なしの観光客(日本人のみ)
私ら、のみの観光客。本当の200年前にタイムトラベル。


DSCN1409.jpg

空は、果てしなく青く、清浄な晴天。


DSCN1411.jpg

元永平寺詣りも、静かに参りました。

今回の旅の目的は、還暦の祝い・厄除け・木曽路の木地師の郷・天竜川の
源流(昨年の台風被害)災害復旧支援と温泉等
欲張りでした。
でも、もっとゆっくり車で、樹と暮らす人達と来れば(価値観の々)
松本市、長野市、軽井沢と巡ってみたい(できれば、新緑の頃)
時間と仲間とマネーが、欲しいな。


5月末のクラフト・フェアーの頃が、やっぱり良いよね。






馬篭・妻籠。旧中山道の旅

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN1338.jpg

南木曽路を旅してきました。

色んなウイルスが、流行ってるさなかだったので、

外国人の姿は、殆ど見かけませんでした。

DSCN1346.jpg


私的には、木製品(木の伝統工芸品」に興味が
あるので、それらを中心に見学だったり、お買いものだったり・・・・・」

そんな中で、唯一入れなかったと言うか、ビビってしまいつつ
入れなかったのが、このお店?

如何にも、「冷やかし、一元さん無用」的な玄関。
周りの建屋は、時代劇に出てくるような街並み・・・・・・・

続く・・・・・。