FC2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

道具としての楽器(篠笛)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0301.jpg

篠笛も色々と種類がありまして・・・
先ず、音程で13種類程ありましてさらに、唄もの・神楽もの分類されて
6つ穴、7つ穴(指の抑える所)
また、プラッチック製、竹製の中でも純竹製、藤巻、カシュウ塗り、漆仕上げ、蒔絵を施したものと
数え上げて、コレクションしたら何百本となるでしょうし
金額も幾らかかる事でしょうか?

私が、普段使ってるのはプラッチック製の2千円もしない入門者用。
7本調子(B♭)唄ものです。

今回、竹製8本調子(C調)7つ穴をネットで検索して「ノーブランド」ものを
2千五百円位(着払い)で、購入。

西洋音階に調律してあるので、ピアノとかギターなんかとも
コラボ出来る様になりました。

後は、「使いこなせるか?」の練習に係っています。
「高価な楽器が、良い音するとは限らないのが、道具の世界」

また、水道管を利用しての自作される方や、竹箒に穴を開けて笛として
演奏されて有名になる方とか・・・
人によって楽しみ方や、自慢の仕方も人それぞれ・・・・・

私は、将来民謡から、童謡、神楽笛、囃子調が、こなせる笛奏者に
成りたいな・・・・・。






スポンサーサイト

モミジ祭り in 円通寺

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

これから、10年間?は丹波市円通寺のモミジ祭り
出演します。  (=゚ω゚)ノ

DSC01178.jpg

写真は、今年新調の4尺(直径1m20cm)平大太鼓。
演者は、若きリーダーとM君。
このロケーションで
演奏できるのは、幸福です。
今年で、3年連続で出演させて頂いてるのですが
我々の叩いている間は、日が差し参拝客の皆さんの
顔も朱に染まる様な、ヽ(*´∀`)ノに・・・
午前の部と午後の部、内容を代えさせて頂き
30分×2回の出演させていただきました。 (^_^;)



坂の上の雲と和太鼓

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今年も伊予の國、松山水軍太鼓と交流会に
行ってきました。
外国人が、いっぱい。(会場でも、アメリカ人との共演が、あったりして・・・・ヽ(*´∀`)ノ)
DSC00901_20170718163119851.jpg

道後温泉前の公園広場や・・・

DSC00907.jpg
また、神戸市北区の大きな病院の音楽会(サマー・フェスタ)にも呼ばれて・・・
これからの週末は、和太鼓三昧のシーズンです。

夏祭りシーズン突入



円通寺紅葉祭り

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00644.jpg

開山600年、禅寺「丹波・円通寺」
まさに、錦降りなる「美しき丹波100景」の一つ。

我ら、氷の川太鼓「鼓心」も昨年に引き続きお呼びにかかりまして・・・

DSC00653.jpg DSC00664_20161114165618cf1.jpg

円通寺本堂、道場の御前園庭で、奉納太鼓させて頂きました。





和の心

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00224.jpg

たかが、和太鼓の撥(バチ)。
されど・・・
こだわりの道具であり、楽器です・・・

太鼓は、叩けば音が、鳴るのですが・・・
撥先の形状(丸み)や樹種(写真のは、檜(ヒノキ))で、微妙に音色違います。
特に、かまち(太鼓のフチ)を叩いた時の音色や手に響く感じが
違ってきます。