FC2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

GW後半戦

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0295.jpg

職場の作品展での一コマ。
木工の可能性や「手作りする意味」を問いかける為の展示。
今年1年間かけた、仲間作りの成果です。
「木彫り教室」・「木彫サークル」の入会は、もうすでに順番待ち。

「木工倶楽部」は、欠員が出たので、現在2名募集中。
MY道具のあつらえから、設計、加工・塗装・・完成まで
「モノ作りが、自分ひとりで完結する世界」
「可能性は、無限大」の生活しませんか?

この間のF氏の花器に生けてたお花の名前は、「シャガ」?
このブログを見ている方の投稿や、お花好きの木彫りメンバーから
教えて頂きました。
有難うございました。



スポンサーサイト

GWイベント始まる

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0298.jpg

今年も、好天に恵まれGWイベントが、始まりました。
4月29日(日)、30日(祝)は、近隣の木工作家さん達30数名からなる
青空展示即売会?が、職場にて開催されて賑わいました。

写真は、西脇市のFさんの木工轆轤作品。
私には、この手の花器は到底できないので、譲っていただきました。
たぶん、白樫に変色が、起ったもの・・・・・
コレクションの仲間入りです。



お花は、私達の共同墓地に咲いてた、山野草。
連れ合いは、「サギ草」だというのですが・・・
違うように思える。

一方、アトリエ棟の作品展には、連日100名を超える来場者が・・・・・。
ここ数年来、出会っていないか方や、ん十年ぶりの方や・・・
涙が、出るような再会が、あったりして。
期間は、5月6日(日)午後3時まで・・・・・
皆さんのお越し、待ってます。







桜散る

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0281.jpg

桜の木の器。

今年の桜は、見事に咲き誇り
一気に散りました。
「吉野の桜も・・・」の一句のせいかもしれませんが
庭木に植栽されない理由が、解るような今年の桜でした。

木の器は、山桜(手前側)とアメリカ東部産の「ブラック・チェリー」
共に、木工轆轤で粗挽きの後、手掘り・未塗装です。

綺麗な「桜色」です。

また、新しいスタッフの初々しさにも「春」を感じます。
GWも近づいてきて、イベントの用意やら・・・・・
なかなかゆっくりと「春」を楽しめるゆとりがないこの頃です。






四方反り鉋

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

お皿の凹部を削ったり、座面を仕上げたりするとき
活躍するのが、「四方反りカンナ」

DSCN0193.jpg

今回、教室で使用するのは、刃幅18ミリの小鉋。
一般に市販されている「金物の街、三木のメーカーさん」
価格は、4,5千円程度のノーマルなのを
台尻2センチ程度カットして刃口を白樫で、小口埋めしたもの・・・・・
もちろん、カスタマイズしています。

DSCN0198.jpg

仕上げに使用する小鉋ですから、大きいのからカーブライン(r)が
色々とsizeが必要ですし、また刃研ぎ、鉋台の調整が難しい
注文の多い道具の代表格です。

写真は、市販されてる物と三木刃物鍛冶「O氏」の鉋

知育(木育)玩具

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0186.jpg

ブラック・ウォルナット(北米産胡桃)とハード・メープル(北米産楓)のsoma・cube(ソーマ・キューブ)
一辺30ミリの正立方体の木片、27片を組み合わせたパズルです。
スマホ等のゲームとは違い、立体的で現物を触りながら格子状に
積み上げるのは、なかなか難しいパズルです。
1940年代にヨーロッパで、流行ったゲームなのですが
21世紀の現代に復刻したい木の玩具です。

無垢の木の質感が、もたらす本物の良さと五感を
養って欲しいな・・・・・。
皆さんの感想聞かせてください・・・・・。
職場で、復活させたいのですが・・・・・。