丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

グミの花と玄能の柄

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

     約300gの八角玄能です。

DSC00258.jpg


花の形も、この玄能の柄の形に似ていて、面白いと思っています。

DSC00257_20160421163144b7a.jpg

茱萸(グミ)の木は、弾性に富み打撃に対して「しなやか」に

負担を吸収してくれると感じてます。

そのため、鑿の柄もグミの木の柄が、最上の物とされています。

(折れない心、手に馴染む感触。)

日本人って、本当に木の特性を上手く使ってますね。






スポンサーサイト

鉈(ナタ)・斧(オノ)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

鉈(ナタ)・斧(オノ)・鉞(マサカリ)等・・・

DSC00209.jpg

薪ストーブ愛好家や山仕事には、必要な道具。

3種類ほど紹介します。
刃の形こそ違いは、ありますが共通点は、両刃(諸刃)と呼ばれる道具です。
他の両刃の仲間道具に、釜(カマ)や手斧(チョンナ・チョンノウ)そして日本刀・・・・・
一番身近な道具として、包丁(片刃の包丁は、省く)もこの仲間になります。

特徴は、「切れ味」を求める片刃の道具(鉋・鑿・小刀・等)に対して
耐久力を求めるため、楔(クサビ・△)方をしている点です。

日本の刃物は、資源の少なさ(鋼は、貴重品)や維持管理(研ぎやすさ)
また、切れ味を求めるために、現在の形になったと思われます。


共に硬くて脆い鋼(ハガネ)を柔らかい地金(ジガネ)で、強度不足を補い
研ぎやすさと耐久力を求めた結果この構造になったと思います。







ステンレスな風呂?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、木工倶楽部の例会日。

この冬シーズン、オーバル・ボックスで曲げ木体験をしてきて
お風呂のサビが、ナラの木に反応して黒っぽく変色する傾向が
ありました。

その対策として・・・

DSC04197.jpg

篠山市のブリキ屋さんに作ってもらいました。
錆びないステンレスのお風呂。もちろん、水ももれないし火にかけても大丈夫。
これで、決まり?24日(火)の例会で、最終チェック


刃研ぎ塾

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

もう10数年前から、続けてる「刃研ぎ塾」

今年になってから、参加者が少なくなってて・・・

DSC04194.jpg

マニュアルもまとめ直して、リニューアル。次回は、5月2日(土)の予定

もう、「参加者多数の場合抽選で・・・」って言えないかも・・・

道具考

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、木工倶楽部の例会。
毎回、木工好きが集まると
道具コレクションのお披露目から、始まったり・・・するのですが

「安いから買った」という方もおられて・・・???

私は、「必要な道具を揃えて・・・どう使いたいのか目的をもって・・・」とか
伝えたいことが、いっぱいあって。

道具・工具・機械類・パソコン機器どれも使わないと価値は、ないですよね。