丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

仕事帰りの草刈り

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback



仕事から、疲れて帰ってきも、畑の管理をしっかりしないとすぐ「草まみれ」

梅雨の間も草木は育ちます。だから、少しの雨の止み間は草刈りです。

多少降っていても刈ります。意地です。この根性がないと「田舎暮らし」は

出来ないでしょうね。

ただ、この草刈りの仕事は、成果がすごく解る所。

目の前は、草が「ボウボウと茂っています」

振り返ると、綺麗になった畔(アゼ)や路肩。

まるで、目の前には、道がなく、私の後には、道が出来るのです。

スポンサーサイト

PCスペース

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00916.jpg

我が家のPCスペースです。米櫃入れのスペースとは、L字型のカウンター・テーブルです。

DSC00917.jpg

お菓子入れです。その左側は、鞄入れ、右側の内側は、隠し引出5段です。(秘密です

昼間は、ブラインドを開けると山が近くに見えるんで、今度、お天気のいい時、紹介します。

この窓、昨年作ったのです。北側だから寒いからの理由で、25年間開けてなかったのですが

近年の夏の暑さ対策に、してみました。

これが、大正解。見晴らしは良いし、涼しい風が入ってくるしお気に入りのスペースになりました。

フローリング張り

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00911.jpg

田村棟梁が、壁際に墨打ち。基準になる線を決めてもらい。

それに合わせて杉1等材フローリング材を打ち付けて行きます。

DSC00910.jpg

透き間が出来ない様にはね板で詰めて、鉄砲で釘打ち。

DSC00913.jpg

DSC00912.jpg

お昼からは、強力な助っ人登場。A嬢の参加です。鉄砲を床に対して45度傾けて、

釘を30㎝間隔で打ち付けて行きます。

DSC00915.jpg


棟梁が、材カット、私が、敷き詰める係、A嬢が鉄砲撃ち、

3人が力を合わせて、約50畳(84㎡)の床張りを一日で済ませました。

A嬢は、和太鼓仲間。太鼓打ち名人です。

今日は、撥(バチ)を鉄砲に変えて貰っての作業でした。ありがとさんです。

工房内は、丹波杉材の香りが充満。いい香りに包まれての床ハリは、膝にきつくも

楽しい作業でした。詳しいリポートは、リンク先のHand Madeさんへ




和太鼓教室始まる。

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00903.jpg

平成24年度の和太鼓教室が、スタートしました。

22名の参加者で、賑わっています。

撥(バチ)の持ち方、構え方の基本から学び、4日間で簡単な(奥の深い)

曲を叩けるように練習をして行きます。

20代の世代から、シニア世代まで、音楽リーダーの大東まこ先生の

指導で和気藹々としつつもキツイくて楽しい?2時間でした。

あと、3日間の練習で、「きざし」をマスターしてミニ・発表会を成功させて

修了書をゲットしましょう





米櫃は、桐の木に限る?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00901.jpg

我が家の台所の一角です。

作り付けのテーブルの下のスペースを使って、桐の木の米櫃(こめびつ)をセットしています。

引出の中は、妻の事務用品が、入っていてその下のスペースは、

梅干しの甕(カメ)が、キャスターの上に乗っています。

DSC00902.jpg

テーブルの天板は、タモの集成材、引出の前板は、バーズアイ・メープル(北米の楓)の銘木。

米櫃の桐の木は、湿度調節が得意の木。だから、和ダンスとか琴とかに昔から使われています。

しかし、我が家の米櫃の中は、残り少ないお米と鷹の爪・・・。虫さん近寄らないでの、鷹の爪。

苦労掛けています。明日には、お米の冷蔵庫から、足しときます。     

我が家の家事スペースでした。

諺(ことざわ)?言い伝え・職人言葉

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

「木は、元から割り、竹は、末から割る。」

昔。先輩(木工指導員)が、竹を割っている時に聞いた言葉です。

そうすると、木も竹も真っすぐに割れて行ってくれるそうです。

その方は、竹細工に長けていて、「スーパー竹トンボ」を作っては、飛ばし・・・。

何秒間滞空するかとか、高さに距離を競ったものです。

DSC00898.jpg

薪割作業をしていて、上記の言葉を思い出しました。

写真は、根本側を楔(クサビ)側にセット。

DSC00899.jpg

見事に、割れてくれました。

この調子で、どんどん・・・。

DSC00900.jpg

今日割った木は、榎(エノキ)ニレ科 ケヤキとかの仲間の木です。

正直、こんなに割れにくい木だとは、知りませんでした。

樹形が入り組んでいて、真っすぐに育っている部分が、殆どありません。

木目が通っていないとまず割れてくれませんでした。

我が家のテーブルの脚

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00897.jpg

我が家のダイニング・テーブルの脚部です。

20数年前、木工雑誌に作り方の特集記事を書いてもらうために

2日で作った作品です。(早出と徹夜の2日間でした。)

材料は、紅松というロシア産(沿海州)の松です。日本名で言うと

姫小松です。(現在は、輸入されていないのか、材木屋さんでも見かけなくなりました。)

寒冷地で育った木は、木目が細くて油分を多く持っています。

完成時は、チーク・オイルを軽く塗って拭き上げただけの塗装方法ですが

良い感じで飴色に生ってくれたものです。

時間経過で良くなってくるのが、無垢の木の家具の良い所・・・。

ひと肌に近いのが、天然木。

暑い時期には、ひんやりとした肌さわり、寒い時期には、

何故か暖かく感じる、木の肌触り。

我々と同じように呼吸をしてるから、湿度の多い時期には、湿気を吸ってくれて・・・。

空気が乾燥してきたら、保湿のために水分を・・・。

まるで、呼吸するかのように我々の生活に潤いを与えてくれます。

薪割機買ったぞー。

Posted by M’sクラフト on   1 comments   1 trackback

念願の薪割機を購入しました。

電動100Vで最大7tの圧締力のタイプです。

DSC00893.jpg

うーん。カッコイイ  80th年代のランボルギーニ(カウンタックLP-400)見たいなイエローのボディ。

DSC00894.jpg

今にも、走りだしそう。

で、何するのです。

DSC00896.jpg

約30分の作業で、クヌギの丸太、直径40㎝クラスが、薪になりました。

詳細は、リンク先のHand Madeさんへ(実況生ライブ)

昔、薪割を体験している方は、非常に懐かしいですよね

私が、小学生の時は、石炭ストーブで、焚き付けの薪当番なんてのが、あって

山に行って松葉や小枝を拾ってきて、焚き付けを作るのが仕事でした。

その当時は、今みたいな生活(エアコン)スイッチ一つで、暖かくなったり、涼しくなったり・・・

想像すらもできてませんでした。お風呂なんかも五右衛門風呂だったしね・・・。

でも、今より暖っかだった様な、気がします。

何故でしょうか? 遠赤外線だからです。

体の芯から、薪ストーブは、温めてくれます。   心もね・・・。

DSC00895.jpg

出番が少なくなった斧。電気が、来なくなったらまた大活躍だからね・・・。

昔の道具(鉋)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00891.jpg

昨夜の鋸編に続きで、今夜は、鉋編です。

「夢迷」と名が切ってあります。

鉋台は、三木市の台打ち師の堀場氏の鉋台です。

私の先代が、所持していた逸品です。鉋台の痛みが、激しくて鉋台は打ち直してもらいました。

昔は、鉋身1つを使い切るのに、台は3回ほど打ち直したらしいです。


DSC00892.jpg

こちらの鉋は、「和龍」と名が切ってあって、龍の線彫りが、鉋身に掘り込んであります。

鉋台の刃口が、広くなっていた他は傷んでいなかったので、刃口埋めして使用しています。

2台とも錆だらけの鉋でしたが(そりゃ20~30年は、ほったらかし状態)、手入れを

し直してやるとご覧のとおり、現役バリバリで仕事をしてくれます。

削っているのは、工作代の天板のスプルース20年物です。

まだまだ、眠っている名品の数々がありますので、私が、元気な間は、紹介していきますね。

また、皆さんのも教えてくださいね・・・。

良いもの、次の世代に残すのは、我々の務めですから・・・。

お願いします。

昔の道具(鋸)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00890.jpg

3枚とも4~50年前ののこぎり(鋸)右7寸が2丁と8寸1丁の両刃鋸です。(もっと、古いかも・・・)

中央のと右側のは、玉鋼製です。共に建具職人だった父と友人の逸品です。

目立て屋さんが、言ってくれたからかなり信憑性がありますし、何より切れ味が良いです。

右端のは、特に良くて、よく使いこんで鋸身が、狭くなってきています。

良く切れる道具が、姿を消す理由がここにあります。

優れた道具は、職人がこよなく愛し使い込んで、目立てや刃研ぎを繰り返したために

次世代に残りにくいのでしょう。                                                                    
(私の場合、先代が、残してくれた。道具と心を・・・。)


三木市には、目立て職人さんが、まだ現役で頑張っておられますので御紹介しますよ。

無垢の木を切断するのなら、目立て屋さんの鋸が、一番です。

最後に、新建材を切るのは、替え刃にしときましょうね・・・。

もったいない。

窓枠の取り付け

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00888.jpg

工房室内側に窓枠をとりつけます。

白いサッシに合わせて白い枠にすべく色塗りに3日もかかってしまいました。

でも、ペンキ塗りは、原則一日一工程。乾燥時間を守らないと、失敗のもと・・・。

DSC00882.jpg

現物にあわせて採寸。

DSC00883.jpg

スライド・丸鋸でカット

DSC00884.jpg

ガンタッカーで仮り組み

DSC00885.jpg

50㎜の細ビスで組んで・・・。

DSC00887.jpg

サッシのビス穴に取り付けて・・・。

DSC00889.jpg

完成  あとの13枚は、明日の休みの仕事にします。あまりに簡単レシピ。ごめんなさい




今年の梅雨は、平年並みなのかな? 早くも台風が上陸するし・・・。

屋内の仕事には、あまり関係ないけど、外仕事の方々の事を思うと暑いや寒いを

あまり言ってはいけないような気分になりました。

台風来襲

Posted by M’sクラフト on   1 comments   0 trackback

今日は朝から、大雨。

仕事には、行ってたけどこんな「どしゃぶりの天気」に木工作をしようとする人は

ゼロでした。でも、私達には貴重な時間。

依頼されていた材料やら、加工品やら、資料作り等

こんな日がないと到底やっていけません。

とりあえず、明日の準備から済ませて、この日1月間に必要なキットや加工依頼品の

手はずを行ってから、資料収集のために図書館に行ってきました。

最後は、雨が吹き込んで室内が、水浸しにならないようにして業務終了。

被害が、出ないほどのこんな日は、大歓迎です。

小刀の研ぎ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00881.jpg

初代 正吉作 小刀の2品 伴に15年くらい前の作品です。

安来鋼の青紙 手打ち仕上げです。

DSC00880.jpg

普段、あまり使用しなくて桐の箱にしまってるだけですが、この時期

手入れしないと錆とかが、怖いです。

今年は、砥取屋で買った 丸尾山産「天井巣板」で研いでみました。

切れ味よりも、鋼と地金の色つやをいかに美しく見せるかに

意識が行ってしまいます。変ですね。

天然砥石の魅力は、刃物との相性が合っていないとダメなもので

それを見極める眼力と感覚が、必要・・・・・。

だから、同じものがない天然砥石を選ぶ楽しさが、あります。

夜な夜なペンキ塗り?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

梅雨で、外仕事は無理っぽい。

工房作りの方は、内装にせいをだします。

DSC00878.jpg

内側の窓枠です。スプルースでサッシに合わせて段掛けの加工は済ませてあります。

インテリア性が、高い跳ね上げ式の窓なので、枠は何色にしようか迷ったのですが

結局、窓に合わせて、オフ・ホワイトにしました。

目止めにシーラーを塗れば良かったのですが、手を抜いてしまい3度、塗り重ねることに・・・。

ついでに、外灯の特製木枠にも同じ色を塗りました。

DSC00879.jpg

3日間の、夜なべ仕事でした。

雨音は、刃研ぎのしらべ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback



梅雨です。夜になってもよく降っています。

誰もいません。雨音だけが、しずかに・・・・。

「シャカ、シャカ」でキングの中砥をあてて、仕上げ砥石の巣板を当てるときの気分は、

「スー・スー」アメンボになったみたいに表面張力を感じながら研ぐ。

静かに時間だけが、過ぎていきます。

BGMは、ショパンじゃなく和太鼓でもなくフュージョンのギター・ソロの曲。

ラリー・カールトンの「ルーム335」が最高とか、竹田和夫のCREATIONとか・・・。

もっと渋くいくと渡辺貞夫の「マイ、ディア、ライフ」とか好きだなー

どちらにしても、30年以前の曲ばかり・・・。年齢が解りますねー。

同年代の方、一緒に研ぎ比べしませんか?

削り比べも楽しそう・・・。

木が、喜ぶ削りってどんなんやろ・・・。

想像しながら、今日は、寝ます。。お休み

新じゃが収獲

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00877.jpg

新じゃがの収獲です。梅雨の晴れ間じゃないと取れないので・・・。

まだ、全部は、掘っていないのですが、20キロくらいは収獲しました。

肥料は、牛糞のみなので、大きさも小ぶり…味の方は?

冷暗所において保管しましょ。新じゃが、美味しいやろね。

粉吹き芋でも作ろうかな・・・。

他の野菜は・・・。

DSC00875.jpg

すいかとメロンは、神経使います。もう花が咲き始めました。ネットのなかで水はけ良く大事に育てます。

DSC00876.jpg

サツマイモは、世話いらずでいいよね。

DSC00874.jpg

里いもは、水を欲しがるので、水やりを頻繁に・・・。

トマト、茄子、きゅうり、シシトウ他も今の所、順調に育っています。

夏野菜は、これから収穫の季節。水やりと除草と害虫退治と病気にならないように・・・。

できるだけ、薬を使いたくないね・・・。

仕事帰りの畑仕事。今は、そんなに暑くないけど、

これからの夏場は、根性いります。

鉋掛け

Posted by M’sクラフト on   1 comments   1 trackback

鉋掛け

今日は、怠けてしまった。鉋掛けをしてたら、早々とバテテしまった。

これから、暑くなったら作業性が、悪くなりますね・・・。

クーラー利かした工作室なんてなかなか無いもんね。

ケータイのストラップのミニ鉋を見ていたら、もっと楽に出来ないものか考えてしまった。

考えると体が、動かない・・・。

悪い癖だ。少ない脳みそ使うとだめだ。ダウン(少し寝ます)

夕方から少し作業(玄関ドアの歪み取り)とステップの取り付けをしたくらいで

今日は、終了。早く寝ましょう。

昨夜、書いたプログの予定と大分離れた内容になってしまいました。

ごめんなさい。

今度のお休みは、工房の窓枠作りと壁面にグラスウールと石膏ボードはりの準備予定。

予定は、予定。未定かも・・・。

なかなか、設計図どおり、工程表通り進まないのが、現場です。


明日が、あるサー

工作台準備オッケー

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

8つ引出の工作台の部材準備オッケーです。

DSC00864_20120611222057.jpg

先ずは、天板。35㎜厚の幅10㎝長さ1,8mのスプルース9枚を雇いサネ入れて接ぎ合わせ。

この接着作業だけで、2時間も係ってしまった。

安い集成材ですれば良かったかななどと考えつつ・・・。

DSC00865_20120611222056.jpg

脚部の材料は、松。松脂が結構乗っているので、

ラックニスで目止めが必要だし心持ち材だから割れています。

木工用のウッド・パテで穴埋め等、色いろと下準備が必要でした。

DSC00866_20120611222055.jpg

引出用の擦り桟は、明日、取り付けます。

集成材も突板も使用していない工作台なんて市販されてませんよ。

無垢材の贅沢な?  アホな仕事がしたいのです。もう、誰もしないから・・・。
DSC00868_20120611222054.jpg

明日のお休みにどこまで組み立てられるか・・・・・。

なにはともあれ、早寝、早起きで作業すべし。です。

表彰状

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00867.jpg

今年の3月から禁煙に挑戦していたのですが、此のたび無事?に禁煙成功の証明書を

病院の方から、頂きました。

自分の事ですが、褒めてやりたい気分。

皆さんにも報告したくて・・・。

玄能の話 其の2 グミの柄

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

以前このブログに玄能の柄は、グミの木が良いと紹介しましたね。

今日は、小泉君と幹さんが遊びに来たので

秘密の場所から、グミの木を取ってきました。

根本からじゃないですよ、枝切りしただけだから、来年もグミの実がなるはずです。

DSC00871_20120611222059.jpg

大玄能用から豆鉋調整用金鎚用まで・・・。

DSC00872.jpg

生木の間に皮をめくっておき、木口に木工ボンドを塗って割れ止めにします。

急いで作りたい人は、電子レンジで乾燥してもいいですよ。

但し、室内ではやめといたほうがいいです。凄い水蒸気がでるので

屋外で約1分位つつ加熱します。

普通に乾燥させる場合は、気長に2年から3年乾かせます。

しかも、風通しが良くて雨が掛からない所で・・・・・。

木工って、本当に気の長い性格じゃないと良い仕事は、出来ませんね・・・。

お知らせ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

                   和太鼓教室開催

              大人のレッスン 参加者 募集

DSC00783.jpg

平成24年度氷ノ川太鼓振興会和太鼓教室が

6月27日(水)午後8時より大師の森音楽室にて開催されます。(丹波市氷上町絹山)

毎週水曜日全4回で、和太鼓の基本打法を習得しながら「きざし」という曲を

叩けるように練習します。(1回の時間は、2時間)

初心者対象なので、貴方も和太鼓に挑戦してみては、どうでしょうか?

参加費 2000円(初回時に集金します。)

運動のしやすい服装で参加してください。

申し込み・連絡先 氷ノ川太鼓事務局 080-3628-9074 高見まで

ストレス解消・ダイエットに良いですよ。


         ご参加待っています。一緒に叩きましょ

              人生、楽しみましょうよ

仕事で研ぐ事の意味。

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00863.jpg

木彫教室を2クラス持ってて、毎水曜日に教室をやっています。

仕事にして10年以上やっています。定員は15名。

手ぶらで、出来る教室ってことで、彫刻刀セットも貸し出してて

その関係上、毎回10本入りセットの彫刻刀15人分を研いでいます。

最初の頃は、めんどくさい感じがあったのですが、切れない刀での作業は作品も

綺麗ではないし、なにより危ないので・・・。

時間にして半日は、係ります。

手を抜いているつもりはなくても「切れない」とクレームを言われたことがあり、

へこんだことがあります。

DSC00858.jpg

豆鉋達。手の中に入る位小さな道具ですが、性能は一人前。

それぞれの目的にあった鉋削りができます。

DSC00859.jpg

「幻の善作」の鑿じゃないけど「大原」氏の組鑿です。

作者を彷彿させる作風。野武士のような鍛冶仕事ぶりです。

DSC00860.jpg

彫刻用の鑿です。

DSC00861.jpg

鉋の調整用の鑿と槍鉋です。

DSC00862.jpg

多くは、大原氏による彫刻刀。私のお気に入りの彫刻刀達。

この時期(梅雨)に刃物の手入れを怠っていると、錆が生えて大変な事になります。

皆さんも頑張って研ぎましょ。怠けていると腕まで錆びてしまいますよ。

梅雨は、刃研ぎ

Posted by M’sクラフト on   1 comments   1 trackback

昨日、畑の水やりをしたのに今日から梅雨入りとは・・・。

でも、梅雨の良い所は、一雨ごとに作物が育つこと・・・。

もう一つ、花粉症が治る事。すなわち「埃っぽくない」

というわけで、今夜から刃物研ぎに精を出します。

DSC00821.jpg

座って楽に研げる高さの研ぎ台です。

DSC00819.jpg

荒砥は、ダイヤモンド砥石#300と#800のメッキ電着したもの

中砥は、キングの#1000とベスターの#2000 天然砥石の「丹波青砥の細目」

仕上げ砥石は、まず、「嵐山」の人造砥石

天然砥石は、日照り山の「巣板」、丸尾山の「戸前」と「天井巣板」

DSC00816_20120608220740.jpg

静かな夜に、刃物の研ぐ音が・・・。

私は、その日の気分のBGMで、研いでいます。

DSC00817.jpg

綺麗に研ぎあがると気持ち良いし、後の仕事も早く綺麗に仕上がります。

日頃の道具の手入れが、いかに大事であるか・・・

半農半Xには、ペサントチェアー

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

梅雨には、まだ入っていません。今日も水やりと除草作業です。

夏野菜達は、成長過程。食べられるまで、まだまだ時間と手間が必要です。

DSC00843.jpg

ジャガイモは、収穫のシーズンです。

DSC00853.jpg

ナスの赤ちゃん。紫の花が終わるのと同時に身が付き始めます。

DSC00851.jpg

ミニ・トマトは、鈴なりに・・・。早く赤くなると良いのに

DSC00850.jpg

キュウリも花の終わりと同時に身が長く太くなってきます。

DSC00849.jpg

トマトは、大きくなるのに時間がかかります。

DSC00846.jpg

メロンは、ネットの中で大きくなります。

DSC00848.jpg

ブルーベリーも色好き始めました。

DSC00852.jpg

キャベツは、ネットの中で、紋白蝶の攻撃を凌いでいます。

DSC00854.jpg

ゴーヤは、暑くなってこないと似合わないですね・・・。

DSC00855_20120608083136.jpg

こんな生活には、ペサント・チェアー(農家)の椅子が似合いますね・・・。

元は、ヨーロッパ地方の田舎の民芸椅子。

アメリカのベサント・チェアーは、ペンシルバニア地方に移住したドイツ系移民が

作った物で、背板に作者の個性的な意匠のデザインや彫刻がしてあります。

私は、ミズナラの木で作っています。背板の所ののマークは、

太陽神のモチーフを手彫りしています。

さて、もうすぐ梅雨のシーズン。雨が続くと野菜達は、病気になりやすいのです。

適度な雨降りを期待しているのですが・・・。



工作台を作る。

Posted by M’sクラフト on   1 comments   1 trackback

DSC00839.jpg

工房が新しくなったので、新しい工作台を作ります。

DSC00832.jpg
材種は、スプルース。サイズは、70㎝の高さ、幅90㎝、長さ1800㎝


DSC00833.jpg
脚部に横桟と幅木を付けている所。

DSC00834.jpg
クランプで、しっかり固定。

DSC00836.jpg
このサイズになると、作りがいがあります。


DSC00837.jpg

あと3台作ります。

引出し8杯付きのタイプは、また紹介します。

6月は、環境月間です。

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00825.jpg

6月は、環境月間。丹波市内一斉クリーン作戦の一環で、河川の草刈りです。

村人総出で、草刈機で刈ります。 人数が、多いと担当地区を2時間位で刈ってしまいます。

DSC00830.jpg

アフターです。

スッキリして、気持ち良い。

遠方に写っているミラーは、自治会ソーラー発電所です。

この頃、TVとかで紹介されて取材殺到。

午後8時頃になると、「蛍舞い散る、梅が縁」

地元、小学校の旧校歌に歌われた蛍の名所です。

ここは、丹波市春日町国領字梅が縁1993番地です。

遊びに来てください。月曜日と木曜日だったら、ご案内します。蛍は、そっと見て楽しみましょう。

DSC00831.jpg


この後、近くの養護施設のお祭りに太鼓のボランティア出演。

模様は、「丹波の太鼓・氷ノ川太鼓」で検索してみてください。

デジ・ブックで詳しく紹介しています。

お昼からは仕事で、「マイ箸作り」の教室をやってきました。

これも、動画サイト ユー・チューブで発信中です。

今日は、けっこう疲れました。

玄能の柄は、グミが良い

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

実りの6月?

野菜は、色いろと収穫できるこの頃です。玉ねぎ、えんどう豆、だいこん、ホウレンソウ、

じゃがいも 等

一方、果樹の方は梅や・・・。

DSC00822.jpg

山桜桃(ユスラウメ)が熟しました。

DSC00823.jpg

びっくりグミも熟しています。

木工屋や大工さんは、玄能(金鎚・トンカチ)の柄、つまり持つところは、

グミの木が、良いってことになっています。

何故だかと、色いろとかんがえてみたのですが、一般的な白樫だと堅すぎて手首に負担を

掛けるからじゃないでしょうか? ヒッコリーでは、柔らかすぎてすぐに折れてしまいます。

その点グミの木には、適度なしなりと粘りが、ある様に思うのですが・・・。

市販されていません。

DSC00824.jpg

現場(自宅)で、いつも使ってる八角玄能です。もちろん自作のグミの木の柄です。

トクサの葉で磨き、柿渋で仕上げていますが、頭は少々錆がきています。