丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

鑿ケース

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

昨日のプログで、西宮市のAさんの鑿箱の話。

私の場合に置き換えて、考えてしまいました。現在は・・・。

DSC02117.jpg

10本組を購入した時の箱ケースを20年近く使っていました。

これでは、駄目だと思い作りました。ビフォアー・アフターです。

DSC02119.jpg

左市弘の鑿が、生き返ったみたいな表情になっています。

作り方は、長手、妻手側とも、留め(45度)でカット。底板は、4㎜のシナ合板を溝を

掘って入れ、接着。乾かして、4辺にカンザシを入れ補強。

各鑿の間に溝を掘り、柄の方は、半月に溝を掘りました。

DSC02120.jpg

こちらは、大原氏の鑿のセット。道具箱の引出にセットしています。氏の鑿は、堅木用に

鈍角に研ぎ整えています。鏝のみ、突き鑿も大原氏作です。

4分(12㎜)の鑿が、よく使っているので、極端に短くなっています。

気に入った道具と良く使うサイズは、早く消耗してしまいます。




スポンサーサイト

中級木工講座3日目

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

ブック・シェルフ(壁掛け棚)作りの3日目です。

前回は、縦板に溝を掘る作業でしたが、今日はその溝に入るホゾの加工です。

今回もトリマーを使用しますが、テーブルにセットして材料をスライドさせて

加工していきます。

DSC02113.jpg

ルーター・テーブルは、市販されていますが、これ位は、自作出来るでしょう。

こうして溝に合う厚さのホゾにしていきます。

DSC02116.jpg

西宮市のA氏の鑿ケース。3枚組接ぎで、箱組されて7本の鑿が、刃先が傷まないように

工夫されています。このように、自分の道具で、作ることが大切で、道具を大切にする心が

木工上達の近道だと思います。

ちなみに、材料は、スプルースの厚さ10mm。深さ40㎜、幅200㎜、長さ270㎜

塗装は、柿渋でされています。

引出付き工作台

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02107.jpg

この間、作りつけた黄肌の作業台の使い勝手は、どうか?で工作台の部品の仕上げを

しています。

写真の部品は、引出しの間隔で使う束(ツカ)と呼ばれています。

枘(ホゾ)の面取りと仕上げ鉋を掛けています。

DSC02108.jpg

横桟に束を立てた所です。

厚さ45㎜の黄肌の天板の上での作業。

玄能で、束を桟木に叩き込みます。

ビクともしないので、安心して作業が、出来ます。

DSC02109.jpg

接着剤を付けて、組立てクランプで固定。

このまま、一昼夜。乾燥させます。

DSC02111.jpg

日を改めて、脚部に幕板と貫を組み立てる予定

クランプがもっとあれば今日、やってしまうんだけど・・・。

このままのペースだと本体の組み立てだけで、2日。

引出し8杯作るのに、2日。4日必要ということ。

DSC02110.jpg

変わった鉋。押して使うから、隅っこまで鉋掛けが出来ます。

昔のラジコンキット

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02106.jpg

昭和の匂いがするラジコン・キットの箱。

機体の大きさ、全幅1572㎜ 全長850㎜ 結構な大きさ。

40年代~50年代?の製品かと思われるが、製造年月日は、記載されていません。

エンジン、プロペラ、RCメカ(3CH)、タイヤ等は、別売で無し。

現在、製作しても別売の部品などは、揃うだろうか?

でも、20年程前に木製グライダー等にハマっていたころがあり、作ってみたくなり

ありがたく、先輩(80歳代)から頂きました。

DSC02105.jpg

箱の中身です。

DSC02104.jpg

青焼きの1分の1の図面。

なんと、印刷が、青焼き。昭和50年代には、姿を消したと思われるのですが・・・。

でも、現在のコピー機は、レンズの関係で線が、歪みますが、青焼きはそんなことはありません。

この図面の上で、現物合わせの工作は、懐かしく。良き時代の工作だなと思います。



刃研ぎ塾の準備

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02101.jpg

来月に開催する刃研ぎ塾の準備をしています。

まずは、貸し出し用の砥石#1000 30枚と#6000 15枚を1㎝の厚さのガラス板に

#80と#150のサンドペーパーを張り合わせて、其の上で砥石を平面にします。

何故?って、凸凹の面の砥石では、どんな名人でも刃研ぎは、無理うまくできません。

こうして、荒砥、中砥、仕上げ砥、それに天然砥石の仕上げ砥石をすべて最高の平面で

研ぎあげられた刃物は、美しく、日本刀の様に鑑賞に堪えられる刃物(鉋刃)になっていきます。

DSC02103.jpg

大原氏の寸六鉋刃です。地金と鋼の刃紋を見てください。

地金は、多分釜地とよばれてる明治時代のボイラー鉄。

鋼は、東郷スーパーと思われる。

この最高の組み合わせの鉋刃は、一枚刃の鉋にして堅木の逆目にも負けない最高の

仕上げ鉋になっています。

丹波の紅葉

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02087.jpg

朝9時頃の丹波です。まだ霧が、かかっていて晴れててもご覧のとおり空は、白い。

写真は、栃(トチ)の木。葉っぱが、大きくて5枚一対だから、落下するときの音は、

「バサ・バサ」って落葉します。

DSC02088.jpg

アメリカ楓(フウ)です。この木は、てっぺんから色付いて黄色から赤色に見事に紅葉していきます。

DSC02089.jpg

桂(カツラ)の木です。葉っぱが、ハートの形。紅葉は、まっ黄色。

これから、しばらくは色づく紅葉が、楽しめそうです。

 若い頃は雪が積もれば、スキーやボードで遊ぶのが冬場の遊びでしたが・・・。

ここ数年は、すっかりインドア派になってしまって、薪ストーブで暖を取りながら、木彫りをしたり

自作の燻製機でベーコンを作ったり、ろくろで木の皿を作ったり・・・。

家で過ごすことが多くなってきました。

たぶんこの冬も工房の中で、「ごそごそ」するのが、好きになってくるのだろうな。


金物の街三木市(鋸目立て屋さん編)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

次は、ノコギリの目立て屋さん。

組合長の吉田さんです。御年80^うん歳です。現役です。伝統工芸士の称号も

持っておられます。

かつては、お弟子さんが、住み込み修行に来られてた時代もあったとか・・・。

鋸も替え刃式鋸になって、十数年・・・。

鋸目立て職人に未来は、あるのか? 非常に心配です。

伝統工芸とか伝統文化は、一度消えてしまうと復活には、凄い時間と労力と資金が必要です。

DSC02085.jpg

凄い眼光で鋸を凝視され鋸の良し悪しを即座に回答されます。

DSC02086.jpg

目の前の窓の薄手のカーテンは、閉じられていますが、蛍光灯の明かりで、御判断。

この道60年位の眼力には、脱帽です。

一見、何気なく胡坐をかいておられますが、この姿勢が、一日中出来ないと目立て屋には

なれません。

私も10年くらい前に3日程、他の所で修行したことがあったのですが、結局

この姿勢が出来ず、断念しました。

金物の街三木市(鉋鍛冶編)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

鉋台屋さんの次は、鉋鍛冶屋さん。

DSC02074.jpg

ご当主の山本名人(伝統工芸士)に鉋刃作りのレクチャーを受けています。

DSC02075.jpg

後方、中央にあるのが、コークス炉。ここで熱せられた錬鉄と鋼が、沸かされ右側の機械

スプリング・ハンマーで、締められます。(表現が、難しい)

DSC02076.jpg

日本の刃物は、柔らかい地金(極軟鉄)と堅くて粘りのある鋼(はがね)で、出来ています。

日本刀の場合は、鋼を柔らかい地金でサンドイッチしています。

鉋や小刀、鑿や彫刻刀は、片刃の刃物で、表側には、地金、裏側に鋼を張り付けて出来てます。

写真は、チェーン地と言って、高級地金の素材です。

DSC02077.jpg

こちらの建屋は、先代の建てたもの。私の工房と一緒の木造小屋組。

DSC02078.jpg

これが、鞴(ふいご)と松炭で火作りしてた鍛冶場です。(これが、本物です)

このシステムで、1200度まで、炉内を熱することが出来ます。すごい

古式鍛錬とは、これで仕事が、出来ることを言います。

DSC02081.jpg

出来た鉋刃に銘を切ってもらっています。

DSC02083.jpg

お買い上げの方の要望で、「夢」と刻んでもらいました。

金物の街三木市(鉋台編)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、半年ぶりに兵庫県三木市にやって来てます。

目的は、鉋台打ち屋さん、鉋鍛冶屋さん、ノコギリの目立て屋さん

そして、刃物メーカーさん。

DSC02067.jpg


最初に寄ったのが、鉋の台打ち屋さん。

ちょうど、鉋台の表馴染みに溝を入れる作業をされていました。



DSC02070.jpg

上記の作業の後は、この作業場所で、微調整と仕上げをされます。

胡坐を組んでの作業姿勢は、かっこよく、職人さんの仕事が、効率よく無駄のない

手順で、次々とこなしていかれるのを見ているだけで、感動してしまいます。

そこには、使い込まれた手工具類(鉋・鑿・鋸等)が、自在に使われていきます。

機械では、出来ないことを手業(てわざ)でこなしていく、まさに職人芸です。

DSC02072.jpg

こんな古く使い込まれ短くなった鉋の刃に、新しい鉋台を仕込んでいきます。

良い鉋は、鋼が尽きるまで使用できます。人間(わたし)もこうありたいもの・・・。



この道40年の鉋台打ち職人H氏。「後継者を作りたい」の言葉が、耳に残りました。

もし、このブログをみて興味をもたれた方は、連絡してください。

第2・第4水曜は、木彫り教室2です。

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

2クラス目の紹介です。このクラスは、毎第2・第4水曜日に活動しています。

まだ、自由課題の方は、3名ほどでほとんどの方は、カリキュラムの作品作りです。

DSC02058.jpg

初心者には、比較的小物のブローチ類で、初めて彫ることに慣れて行きます。

DSC02059.jpg

バラは、花の木彫りの中では、難しいほうに入ります。

DSC02063.jpg

小物作りと平面的な作品作りが、終われば・・・・・。

次は、比較的簡単な立体作品に移ります。

DSC02061.jpg

立体は、やはりお顔が、難しい。十分に練習してから、作品作り。

DSC02062.jpg

自由課題の干支の彫り物。コレクションするのが、楽しみです。

DSC02060.jpg

自由課題で、人気があるのが、「お地蔵様」  

私的にも好きなので

いろんな「お地蔵様」彫っています。

ブック・シェルフを作ろう(その2)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

中級木工講座の2日目。ブック・シェルフの縦板に溝を掘る加工から

始めます。

DSC02051.jpg

DSC02053.jpg

横溝を正確に掘るためのJIG(冶具)です。作り方と考え方の概略図です。

DSC02054.jpg

各自で、製作した冶具で、横溝加工中。

DSC02057.jpg

縦溝を掘る時は、トリマー付属品のストレートガイドに桟木を取り付けたガイドで

加工します。

これで、縦板への溝掘りは、終了。次回は、棚板と背板の加工です。



このトリマーの加工は、正直、疲れます。

毎分4万回転近いスピードで回転する刃物の風切音が、凄まじく耳が痛いので

出来るだけ使いたくない機械です。それと、スタート時に発生する本体のぶれが

出るのが気になって、怖く感じます。もっと、回転がスムースに上がる様に

改善してほしい電動工具です。



作り付け作業台

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

換気扇を設置している北側壁面に、高さ70㎝、幅46㎝、長さ2,2mの

作業台2台を作り付けします。

まずは、この日のために用意していた、黄肌(キハダ)の集成材。

板の厚み45mm、幅920㎜、長さ4mの特注品(北海道から、取り寄せました)

まずは、長さを2,2mにカット。

DSC02039.jpg

ここから、幅46㎝にカットと両面プレンナー仕上げは、残念ながら、我が、工房では

出来ません。近くの建材と製材をされている、おぎもく(株)さんへ加工依頼。

約2時間後・・・。

材料が、整ったので、大工の田村棟梁と共同作業。

DSC02046.jpg

壁面に墨を打ち、受け桟木をとりつけています。(材料は、ホームセンターで売られている

2×4材(38mm厚、幅90㎜)を壁下地の間柱がいる所に木ネジで、取り付けています。

DSC02045.jpg

下地が、石膏ボードなので、ビスが効く所じゃないとダメなので、それを調べるための

便利グッズ。

DSC02049.jpg

作業は、2×4材のカットとビス打ちだけなので、手早く取り付け出来ました。

天板側から、木ネジした所は、丸棒で、ビス隠し。

この作業台の上には、卓上型のボール盤や卓上帯鋸。正面旋盤やスポンジ・サンダー等設置。

台の間には、スクローラー1000(電動糸鋸機)を設置予定。

某木工体験施設よりは、充実させるつもりです。



さて次は・・・。もうすぐ冬。薪ストーブの季節が、やってきます。

DSC02050.jpg

煙突の通るところを、探すのに手間取りました。柱に近すぎると駄目だし、ストーブの設置場所

との関係やら・・・。二人で、協議した結果は・・・。

次号お楽しみに・・・。(どうなってるやら・・・)


木の匙(さじ)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今週は、連日の教室でお疲れモード。ゆっくりしたいところですが、お仕事。

来週の準備を済ませて、片付いたのが、4時前。中途半端な時間が、残ってしまいました。

何か時間つぶし・・・。あっ茶匙。作りかけて、ほっていたのを思い出して・・・。

DSC02037.jpg

丁度、5時過ぎに彫りあげました。

茶匙に使うので、無塗装で行きます。おちゃの香りと木の香り・・・。

どちらも好きなので・・・。これで良し。

これで、匙のコレクションが、また一つ増えました。

DSC02038.jpg

いろんな材種のカトラリー。質感や色目が、カラフルで見てるだけで、楽しくなってくる。

もっといろんな材種で、作って行きたいもの・・・。

木彫サークル

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、第3土曜日。木彫サークルの日です。

月に1度の集まりとして、朝の10時ごろから午後の4時頃まで、製作しています。

DSC02032.jpg

ムーミン・シリーズは、私のライフ・ワーク。目標は、全キャラクター制覇(製作)

DSC02031.jpg

私も年齢と共に、お地蔵さんに惹かれる様に、なりました。

DSC02033.jpg

男性会員のO氏の作品。北斎の版画をレリーフに・・・。面白い取り組みの作品です。


DSC02034.jpg

これも男性会員のK氏のお雛さん。荒彫りが終わって、次のステップへ・・・。

DSC02026.jpg

この観音様は、篠山市の女性会員のOさん。立体の仏像をレリーフにするのは、難しいものです。

DSC02027.jpg

女性陣は、唐草模様(アーカンサス)の小テーブルに挑戦中。大作だけど、こつこつ

やれば出来ますので、頑張れ。

木工倶楽部その2

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

前回より、少々難しい継ぎ手。「上端留め7枚蟻組接ぎ」という長い名前の

継ぎ手の実習です。これが出来たら、テレビ・ボードとかの板組の棚類が

かっこよく出来ます。

DSC02017.jpg

初回同様に墨付けの手順の説明。この図は、立て板側の墨付け

DSC02018.jpg

神戸市のTさん特製の蟻型定規。便利グッズです。

DSC02021.jpg

横板側の墨付けです。

DSC02023.jpg

鋸で、大まかにカットして、鑿で加工していきます。仕上げは、木口を水で濡らし

あて定規に沿って鑿を入れて行きます。

DSC02020.jpg

墨線の半分残す気持ちが、大切です。

DSC02024.jpg

仮組です。ここまでして、ちょうど時間切れ。

DSC02025.jpg

我が家のテレビ・ボードです。材料は、スプルースの柾目板。アクセントに契りを

両端にして、今回の上端留め継ぎ蟻組接ぎで、組んでいます。

このくらい大きなものの方が、加工はしやすいので、皆さん挑戦してみてください。

工房入口は、こんな感じ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

工房入口の写真です。

友人から、譲ってもらったカウンターや棚を並べてみました。

DSC02014.jpg

DSC02016.jpg

さて、ギャラリー的に使うか、カフェ風に仕立てるか? 薪ストーブをどこに設置するか?

カウンター・キッチンを作り付けしようか? などなど迷い中です。

工程的には、先に工房側のカウンター、機械の設置等、使い勝手の良いマイ工房つくりを

優先しようと考えています。

寒くなってきたし、急がなくては・・・。

刃の裏出し

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02009.jpg

これは、彫刻刀の印刀の裏だしの略図です。 まず、裏切れの状態を理解したください。

日本の刃物の片刃といわれる、刃物類は、鋼と地金が張り合わせて、出来ています。

(黒板中央の黄色の部分が、鋼です。)無色の所が、地金(柔らかい、極軟鉄です。)

裏切れしている刃物を金床にのせて、図のように地金の3分の1の所を先切りの小槌で、叩いて

裏側に刃物を反らします。

それから、平らな砥石の上で、研ぎあげて、右の図の様にします。

DSC01861.jpg

刃渡の中央部分が、裏切れ状態です。

DSC01862.jpg

金床の上で、3分の1の所をトンチンカンと軽く叩きます。

すると、彫刻刀は薄いので簡単に、反って行きます。

DSC01864.jpg

♯800番のダイヤモンド砥石、#1000番、#3000番、6000番と

だんだん目を細かくして、仕上げていきます。

DSC01865.jpg

これで、刃裏の研ぎあがり。

どうです?  簡単でしょ?

11月11日(日)は、「刃研ぎ塾」。

抽選に漏れた方、ごめんなさい。たぶん次回も

2か月後開催しますので、申込みしてみてください。

この、ブログで、概略は紹介していきますので、ご愛読のほど

よろしくお願いします。

木彫り教室1

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02013.jpg

第1第、3水曜日は、木彫り教室の専科コースの日。

会員めいめいが、それぞれ自由課題に挑戦。

この方は、私が、用意した阿修羅像の見本を参考に頑張って、製作中・・・。

DSC02010.jpg

弥勒菩薩像です。雰囲気が、出てきました。楽しみ・・・。

DSC02012.jpg

モデルは、ご自宅の愛犬。作り手の愛情が、溢れていますね・・・。

DSC02011.jpg

このネズミは、課題コースの作品。お手本を良く観察して・・・。

中級木工講座(その1)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02006.jpg

今日から、7週連続(毎火曜日)で、中級木工講座を開催しています。

文庫本が、2段入り、その下に2杯の引出しが付く「ブック・シェルフ」を

作っていきます。(壁掛けタイプです)

黒板に書いてるのは、本棚の立て板の墨線(加工していく線の事)を示しています。

DSC02004.jpg

平行線を正確に書く為(髪の毛の様に細い線)の「毛引き」という道具です。

DSC02002.jpg

今回、使用する継ぎ手の加工見本です。

立て板に側板、棚板に背板、束板それぞれの板に加工するための線書きで、

初日は、終了。     お疲れ様でした。

高所作業

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、久しぶりに田村棟梁に手伝ってもらっています。

高所の作業は、プロに任せるべき、脚立の登り、降りのスピードの違いは、大きいし

現物合わせは、大工さんの得意技。木工屋は、図面通りに作るのは、得意なんですが・・・。

DSC01996.jpg

工房側とギャラリー側の間のトラスの透き間に、シナベニヤで間仕切りをしてもらっています。

DSC02001.jpg

私は、3回目の柿渋塗り。これで、両方のお部屋、塗り終えました。

DSC01998.jpg

洗い場と研ぎ場です。業務用の流し。大きく、深いのでもってこいの研ぎスペースです。

包丁研ぎから鉋、鑿、彫刻刀等、研がして頂きますよ。

これは、自信あり。 

ここで、「刃研ぎ塾」してもええなー

DSC01999.jpg

歌とピクニック・イン丹波

Posted by M’sクラフト on   1 comments   0 trackback

今日は、丹波市市島地区で、開催された「歌とピクニック」の

ステージ・イベント出演依頼を受けての演奏です。

会場は、山間に整備された自然公園。こだわり手作り品のお店の出店が、数店あり

私が、興味あるものが結構ありました。

DSC01966.jpg

丘陵地に芝生で、整備され雰囲気は、最高。

DSC01971.jpg

バザール会場。

DSC01968.jpg

木工品なんかも並んでいると、仕事柄、見入ってしまいます。

DSC01974.jpg

皮の鞄と皮ボタンのショップ。

DSC01973.jpg

オーガニックのコットン(綿花)のお店。カワイイ 

DSC01970.jpg

鴨レース会場です。

DSC01967.jpg

DSC01979.jpg


さて、我々。氷ノ川太鼓は、ステージ部門のオープニング。

緑に囲まれた、ステージです。360度、山に囲まれて、「やまびこ」が、太鼓になっています。

DSC01984.jpg

「秋月」・「勇」・「氷上ばやし」・「流星」そして・・・。

DSC01993.jpg

最後の曲は、何時もの「氷ノ川隼太鼓」で〆ました。

私的に今日の演奏は、失敗の連続。特にオープニングの「秋月」で篠笛のフレーズが、

頭の中で、飛んでしまって、空白の4小節を作ってしまいました。反省です。

聴衆の皆さん、メンバーの皆さん、ごめんなさい。次回は、頑張りますので・・・。

木工中級講座?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01962.jpg

来週の火曜日からはじまる「ブック・シェルフ(本棚壁掛けタイプ)」の墨付け見本です。

DSC01963.jpg

小根、溝とかの加工見本です。

DSC01964.jpg

曲線切りや丸面取り、そして、サンディングして、本体を組みました。

DSC01965.jpg

引出しを2杯作って、塗装して出来上がり。

秋(祭りの後)

Posted by M’sクラフト on   1 comments   0 trackback

DSC01960.jpg

丹波は、お祭りも終わって、秋本番。ススキのたなびく季節です。

今夜は、岩戸神楽チームの反省会です。地元の割烹料亭の辻判さんにお邪魔しています。

当日、撮影した映像をチェックしたり、写真のスナップを見ながら、反省したり・・・・・。

楽しくて、好きな時間は、この季節と同じような駆け足で、過ぎて行きます。


もうすぐ、暗く寒い冬が、やってきます。冬支度をしなければ・・・。

薪ストーブの暖かさと、白熱電灯の柔らかさがあれば、秋の夜長も冬の寒さも

楽しめますよね・・・。



仕上げの作業

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01955.jpg

3度目の柿渋塗りです。

DSC01958.jpg

流石に3度も塗ると雰囲気が、出てきて良くなりました。

でも、正直な話は、もうこれ以上地味な作業は、したくないのが、本音。 

DSC01957.jpg

トイレ周りの器具は、プロの業者(友人の石田設備の五郎ちゃんにお願いしました)に・・・。

電気工事と水道工事は、専門外・・・。免許とか資格が必要なので・・・私には、無理・・・。

お手伝いも出来ませんでした。

壁と天井は、珪藻土の鏝後が、細かい模様。床は、杉のフローリングにここだけ

床用のウレタン・ニスを2度塗り。防水の為です。

トイレは、完成。




カトラリー・ボックス

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01952.jpg

カトラリーが、増えたのでボックスを作ってみました。

材料は、スプルースの柾目板。板の厚さは、10mm。背の高さは、20㎝の大きさです。

前板にシェーカー家具調の天使の羽のラインをあしらい、チップ・カービングで

模様を付けてみました。

材料は、キット化していますので、希望の方は挑戦してみてください。

主な工作手順は、型板をつかってカーブ・ラインと釘穴を映します。

糸鋸機を使って、カーブ・ラインをカット。

塗装は、していません。鉋仕上げのみ・・・。ツルツルですよ・・・。

木は、呼吸するから、人に優しいのです。出来上がりを素手で、触って欲しいな・・・。

所定の場所に釘を打って、組立・・・。簡単。(カービングは、別として)

サンド・ペーパー仕上げのニス仕上げとは、一味違いますよ・・・。

もうすぐ・・・。マイ・工房

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01950.jpg

お手製のパーゴラ調外灯(オリジナル)を設置しました。

雰囲気良くないですか・・・?(自己満足です)

DSC01941.jpg

フローリングに2度目の柿渋塗り・・・。(もう1回塗ろうかな・・・)

もう少し、濃くしたい様な・・・。柿渋も余ってるし・・・。今度のお休みに塗ろうっと・・・。

DSC01951.jpg


換気扇、コンセント、スイッチのカバーも付けて、ほぼ完成。

あと、備え付けの作業台や備品、機械類を設置していきます。

日本一の木工房を目指して・・・。それが「丹波の木工屋」です。

クルミのサラダ・サーバー

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01937.jpg

クルミの柾目板が、手に入ったのでサラダ・サーバーを

作ってみることに・・・。

柾目は、木目が素直なので模様に変化が、出ません。

彫刻刀の丸刀の模様を残そうと思います。

DSC01938.jpg

凹部に、丸刀の刃の後を残して、凸部の所は小刀、柄の部分はミニの反り台鉋で

削ります。(小刀、彫刻刀は、大原康彦氏の作です)

DSC01939.jpg

クルミの木には、クルミ・オイルをすり込んで、完成。

左側が、オイルを塗る前です。塗ると良い感じの艶です。

この木は、非常に柔らかくて、刃受けがいいので、1セット1時間位で出来ました。

皆さんも、是非、作ってみてください。

岩戸神社秋の例大祭本宮

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01912.jpg

14年位前に村の若い衆たちと作った「布団神輿」です。

最初は、黒い方を作ったのですが、赤い方は、家内や女性衆が、「私達も、参加したい」

の希望に応えて作りました。

木工事、彫り物、飾り金物、布団等、すべて村の若い衆で、作りました。

DSC01910.jpg

男神輿です。

DSC01909.jpg

女神輿です。

DSC01915.jpg

DSC01913.jpg


これが、国領村の岩戸神社です。もうすぐ、もみじが、紅葉するととても綺麗な

境内になり、絵になる丹波のお社です。

本殿は、総欅作り。蟇股(かえるまた)、斗、枡組まで…。

「こんなの、作りたいなー」なんて、大工・木彫り・板金職人の夢みたいなものですね・・・。

DSC01928.jpg

さて、神楽舞の始まりです。カッコイイでしょ。

DSC01929.jpg

天狗と獅子の絡み合い。

DSC01931.jpg

これが、岩戸神楽の舞です。

秋の例大祭宵宮

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01875.jpg

午後3時から、地元のショピング・センターの前で、防犯協会依頼のイベントに出演。

市長さん、警察署長さん、そして、防犯協会員の方々御列席の

セレモニーのオープニングに演奏させていただきました。

さて、今日は10月6日。丹波地方は、ほとんどの地区が、村祭りの宵宮。

DSC01891.jpg

夜は、旧丹波の国、鴨内村の宵宮の催しに呼ばれての演奏。

建物が、昭和35年建築の立派な公民館。

私と同じ年の木造建築。レトロな感覚で、雰囲気は最高。

「秋月」・「勇」・「氷上ばやし」・「流星」・「隼太鼓」の5曲を

演奏させていただきました。

聴衆の皆さん、そして、子供たちの熱烈な評価を頂き、メンバー全員ノリノリで

楽しいひと時を一緒に楽しめました。
DSC01903.jpg

子供たちは、「かぶりつき」で、見てくれています。

明日は、我が旧丹波の国、国領村の秋の例大祭。

私は、神楽舞の2年生。ドキドキの宵宮です。


蟻組の練習

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、木工倶楽部になって一回目の活動です。

作品作りをするのではなく、木工技術の向上をめざしたカリキュラム

にしてみました。

基本となる仕口・継ぎ手をマスターしながら、高度な木工が

出来る様になる・・・。そんな、学習をしていきます。

まずは、7枚蟻組です。一回目にしては、ハードルが高いのですが・・・。

DSC01855.jpg

概略の説明を黒板に記しました。用意した材料は、アルダーという外材(広葉樹)

比較的に柔らかい材種です。毛引き、スコヤ、自在矩、プロトラクター、白書を

つかって、まずは、墨付けからです。


DSC01856.jpg

墨付けの見本です。木目が、つながっているのが解りますか?

DSC01857.jpg

墨線を残して、ノコギリでカット。うまく切るコツは、「鋸の背を鼻の下で、

見て、墨線を2方向と照らし合わせながら、静かに切る」です。

DSC01859.jpg

鑿の使い方は、鑿の重さを感じながら、墨線の半分を残すような気持ちで

彫っていきます。

裏ワザ・・・掘りたい所に水を塗っておくと、あまり切れない鑿でも、

      刃あたりが良くなり、綺麗に仕上がりますよ・・・。

DSC01860.jpg

柔らかい、材種の木は、墨線残し気味で・・・。堅木は、墨線は残しません・・・。

そんな気持ちで、仕上げられた仕口は、透き間なんてない継ぎ手になります。

皆、がんばれ・・・。

二週間後の出来映えが、楽しみ。みんなで楽しく合評しましょうね・・・。

秋祭り近し

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01849.jpg

今日のお休みは、工房側の片付けを午前中に済ませ、午後に応援に来てくれる

A嬢を待ちました。

午後2時頃、助っ人登場で、柿渋塗り作業開始。

お話を聞いていると、彼女のご自宅も柿渋を塗ってるフローリングらしく

ご自身で、塗った体験の持ち主です。

当然、柿渋の独特の匂いも平気らしく・・・。さすがに、テキパキ。手が、早いです。

DSC01854.jpg

夜は・・・。

もうすぐ(今度の日曜日)秋の例大祭(村祭り)

昨年から、神楽舞のチームの一員となり、2年目の新人です。

先輩の、お手本を見学して、見よう見まねでの練習です。

写真は、「荒神払い」という神事。厳格に凛々しく、舞います。



※ 大阪市の橋下市長と文楽協会の話し合いが、平和的に解決したのが、

大変、嬉しいです。

日本の伝統文化・芸能には、行政による手厚い支援が

必要です。それが、無理ならば、企業スポンサー又は、パトロンが必要です。

世界各国にアピールすべきことは、日本特有の文化、芸術がいかに素晴らしいかを

輸出するべきで、物とか技術、又は、お金だけの輸出や援助だけでは、世界一には、

到底なれません。

日本国民の文化価値、幸福感、価値観等とかの感性を輸出することが

いかに大切かを、今の政治家、学者、官僚達に(数字でしか、判断できない方)

もっと、理解していただいて、支援していただきたいと・・・・。

文化とか、芸術が、世界一(もっとも、ファンを持つこと)になれば、(できれば、思想(幸福論))も

含めて、この、極東の小さな島国が、憧れの大国になると思うのですが・・・。



10月13日・14日は、・・・。

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01848.jpg

見えにくい写真で、ごめんなさい。

でも、早くお知らせしたくて、書き込んでいます。

2012 歌とピクニックが、今年も始まるよ・・・。

日時は、10月13日(土)と14日(日)

場所は、丹波市市島町与戸字長尾(丹波うぐいすの森公園内)

時間は、10時~17時まで(13日は、20時まで)

内容は、山間の自然公園の芝生広場で、繰り広げられるステージ・イベントと

有機農業の盛んなこの市島(丹波の食と自然)のコラボなイベント。

人にやさしい、食と癒しの空間が、丹波で体感できますので、是非、いらしてください。

私達、氷ノ川太鼓は、ステージ部門のオープニング。14日に披露させていただきます。

待っていまーす。丹波の秋を満喫しましょ。

私達、氷ノ川太鼓の出演は、多分10時位か11時位だと思います。

来てねー。待っていまーす。 それと、晴れますように・・・。

第1・第3水曜は、木彫り教室 1

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、第一水曜日、木彫り教室の1の日です。

殆どのメンバーは、課題コースは卒業されてて、めいめい好きな木彫りを楽しんで

おられます。

定員は、15名です。

加古川市のH氏の自由作品が完成したので、お披露目。

DSC01844.jpg

少年の立像です。オリジナル度100%の作品。

DSC01845.jpg

材料は、檜製。サンドペーパーを使用しなくて、白木仕上げの作品です。

青年の様にすがすがしい、作品になっています。(サンド・ペーパーを使わず、ここまて

仕上げるのには、相当なテクニックが、必要です。)

木工倶楽部の課題

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

金曜倶楽部・火曜クラブ改め木工倶楽部の活動が、今度の金曜日から始まります。

第1回目の課題は、7枚蟻組(扇型の継ぎ手の一種)の練習をします。

DSC01840.jpg

日本でも西洋でも、よく使われる継ぎ手の一種です。

英語で、言うとダブテール(鳩のしっぽの意味だったと思います。)

立て板の側面に板厚の2分の1の線を罫書き、7等分に間隔を決めます。

その交点に70度から75度の(任意)間の傾斜線を写真の様に罫書きます。

あとは、天板側にも雄型を移してやり、墨線を残し鋸で、カット。

墨線の半分を残す様に、鑿(のみ)で、丁寧に切削します。

この木組の利点は、板目の板でもある程度、反り返るのを防いでくれるのと

意匠的に無垢の木の良さを表現出来る事。量産家具には、不向きな接ぎ方です。

柿渋塗り

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC01832.jpg

杉のフローリングに柿渋を塗ります。準備するものは、

柿渋に筋かい刷毛の70㎜。ペール缶(塗料入れです)木綿のウエスだけ。

刷毛にたっぷりの柿渋を含ませ床の木目に沿って、塗るだけ・・・。

しばらくして、浮いている(余分な)柿渋をウエスで、ふき取るだけ・・・。

簡単です。

DSC01838.jpg

写真は、2度塗り目のです。お手伝いは、川西市のTさん。木彫もされるし、木工もされます。

作品に漆を塗られることもある、強者助っ人です。

良い色(渋い)になってきたでしょ・・・。

日差しと時間経過で、色が濃くなっていくのが、柿渋の特徴です。

DSC01839.jpg

ギャラリー側のお部屋は、塗れました。あと、工作室の方を残すのみ・・・。

川西市のTさん、お世話になり、ありがとうございました。