丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

木工倶楽部

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02200.jpg

神戸市東灘のE氏。

椅子の後ろ脚を削ってる所です。薬研台をならべて、長い脚も短い脚も対応

できる省材料削りだ台です。四角を8角柱に・・・。そして、テーパーのついた脚に・・・。

DSC02202_2014013122380254b.jpg

こちらは、川西市 O氏の「メイクボックス」の取っ手つまみです。

可愛らしいデザインなので、アップで・・・。



スポンサーサイト

やくの漆の館

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02197.jpg

福知山市夜久野町上夜久野の「木と漆の館」前駐車場から、福知山(下夜久野)方面を望む。

遠景にある凹地が、下夜久野です。ここは太古の昔、火山で堆積した火山灰で、高台になった所です。

この高地は、水はけが良いので水耕栽培的な農耕が盛んで、野菜類がとても美味しく育つ地域です。

DSC02198_20140130224903c3d.jpg

道の駅「農匠の郷 やくの」内にある「やくの木と漆の館」。

他に宿泊施設「夜久野荘」・「レストラン」・「ベゴニア館」・「高原温泉」等施設満載の道の駅です。

DSC02190_2014013022490436e.jpg

ここに今回の目的の作品展。職人の片手間仕事 -仏像・狂言面・根付ー 

舞鶴市在住の八木三郎氏が、能面作りの傍ら彫りあげた緻密な木彫作品の展示会が、ありました。

DSC02192_20140130232930472.jpg


御お年、今年で80才。この道20数年。

職人とは、数十年やり続けた方のみ、使える言葉だと思う展示会でした。

2月16日(日)までですよ。





木彫り教室2

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02189_20140129213853c8a.jpg

舞鶴市U氏の「微笑み地蔵」

2体同時に作ることで、試行錯誤ができ順調に・・・。

あと、もう少しで、完成。






直ぐ木

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02182_20140128231621b78.jpg

真っすぐに成長する木。杉の木です。

直(す)ぐ木が、訛ってスギ(杉)になったって、聞いたことがあるのですが・・・?

外灯に浮かび上がる葉っぱの先の方は、黄色く・・・。

もうすぐ、杉花粉の季節でもありますね・・・。

アイスプラント

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback


DSC02177.jpg

葉っぱの表面が、凍りついているみたいな「アイスプラント」

なんと塩水を掛けて育てると塩味がする不思議な野菜です。

サラダにそのまま食べると葉厚もあって、美味しいですよ。

満員御礼

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02168_20140126214154f27.jpg

お陰様で、「第12打・和太鼓フェスタ市島」満員御礼。

ご来場していただいた方、有難うございました。



リハーサル

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02167.jpg


ライフピアいちじま大ホールです。500名収容の本格的なホールです。

年に一度、丹波地域で活動してる和太鼓チームが、合同で「第12打・和太鼓フェスタ・響」

ステージを飾ります。私の所属チームは「氷ノ川太鼓・鼓心」

「疾風」・「鼓魂」・「隼太鼓」の3曲を披露させていただきます。

なんとプロの和太鼓集団「あすか組」の前を飾ります。

プレッシャーは或るのですが、こんな機会はめったにないことなので、精一杯楽しめたらな・・・。


13時開演 入場無料です。

春を探して・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、久し振りに穏やか日和。

DSC02163_20140124223950812.jpg

ナンキンハゼの木に白い花が、咲いてるのかな?

と近づいてみると白くて堅い実がついています。

木の実は、鳥のエサにもなるし蝋燭(ろうそく)の原料にもなる位油分を含んでいるらしいです。

DSC02161_20140124223947a36.jpg

一方、赤い実を付けた木は、クロガネモチ。常緑の広葉樹で、九州地方では好んで庭木に

用いられて縁起の良い木。なんでも、お金持ちになるらしいのですが・・・。

もちろん小鳥も寄ってきます。

DSC02162_2014012422394844d.jpg

やっぱりこの時期、誰もが待ち望んでいるのが、蝋梅(ロウバイ)

可愛らしい黄色の花にいい香り・・・。

花が、終わると実が付きます。その実の種から、苗木に育ててる方も・・・。

野菜類もそうですが、種から発芽して苗になり成長していくのが、楽しみですね。







建築古材 其の2

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02156.jpg

この間の欅(ケヤキ)です。

柱として使われてた物ですが、節の所は欠点とみなされるので

丁寧に埋め木されてて、携わった大工さん(棟梁)の心意気が見える仕事がしてあります。

後、釘が残っているので丁寧に抜いてみますが、中で折れてしまったり・・・。

土台側が、虫に侵されてたり・・・。

DSC02158.jpg

チェーン・ソーで、傷んだ部分をカットしてみると柱の周り側だけ傷んでるだけで

辺材の無い赤身だけの良材です。

DSC02159.jpg

この部分は、用材としては使いにくいので、薪にすることに・・・。

7tの電動薪割機で、割ってみたのですが、刃が立ちません。

再びチェーンソーで、切れ込みを作ってやっと割れました。

DSC02160.jpg

流石に欅の赤身。中は全然傷んでません。上手く用材にしないと・・・。

※ この欅は、多分、赤と呼ばれる良質のケヤキです。一方、青ケヤキ(若い)と呼ばれるものもあったり
  
  または「竹やぶのケヤキは、養分が竹に吸い取られているからやめとけ」とか、

  ケヤキは、男の木・檜(ヒノキ)は、女の木で、表札には欲しい子供のほうに材を

  指定したり、さすがに日本を代表する銘木がけやきです。

  まつわる話は、いっぱいありますね。

木彫り教室1

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02153.jpg

加古川市のH氏の作品です。

材料は、但馬のクスの木。辺りに樟脳の匂いが、発ちこめて・・・。

スーっとした箪笥の匂いです。

そして、木肌と鑿痕が、美しいですね。



外は、大寒の頃なので寒さ厳しいのですが・・・。

DSC02149.jpg

ボケの花もちらほら咲いています。(写真もボケて・・・私の誕生花です  )

(ホントは、年中咲き誇り、中国の皇帝に愛された花らしいのですが・・・)

今年は、本当に寒さ厳しき折です。



建築古材

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02127_20140121230524c43.jpg

一辺が23㎝ある欅(ケヤキ)の建築古材です。近くの製材所さんから譲ってもらいました。


樹木としていた時が、第一の人生だとしたら、

柱になって何十年も家を支えてたのが第2の人生。

でも、まだまだお役に立てるはず・・・。

思いを巡らしながら、何にしようかな?

暦通りの大寒

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02144.jpg


スキーやボードをやってた頃は、雪が積もると嬉しかったのですが・・・。

今は、ストーブの前で暖を取りながら・・・。

DSC02134.jpg



大河ドラマ「軍師・官兵衛」の黒田官兵衛の出生の地として、西脇市黒田庄町が

注目されています。

黒田家の家紋入りキー・ケース。

道の駅「にしわき」で、販売予定らしいです。

歴史オタクの私は、戦国の世に思いをよせて・・・・・。
















雪にも負けず・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今朝は、銀世界。

DSC02147.jpg

しかも、「木工基礎講座」の2日目。

参加者の皆さん、悪天候にもめげず集合。

定刻の10時スタートで、2枚組、3枚組継ぎ手のレター・ラックの組立を

済まして・・・。午後からは、いよいよ「直角スツール」の加工に掛かりました。

DSC02148.jpg

先ずは、脚部の墨付けをして、ボール盤を使って所定の深さに・・・。

次回、26日に鑿を使って、枘穴を仕上げます。

木彫サークル

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

毎月第3土曜日は、木彫サークルです。

今年初めての集い。

DSC02143.jpg

鎌倉彫りに初挑戦。新しいジャンルで、木彫りの世界も広がります。

木工倶楽部の面々

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02133.jpg

木工倶楽部のめんめんが、冬休みの課題(作品)をかかえての集会です。

写真は、ウォルナットの曲木。3mm厚の薄板を加熱・曲げの型に加圧して成型したものです。

この部材で、スツールの脚部になっていきます。

桜の木で、燻製

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02123.jpg

一週間前に漬け込んでた、豚肉を2時間塩抜きして、24時間風乾。

燻製機(オリジナル)を70度に温めて、2時間温燻の後、にじみ出た油を良くふき取って。

いよいよ桜のチップ材で2時間、70度をキープしながら燻します。

煙が、出なくなってさらに3時間、70度で温燻。

これで、肉の芯まで火が通り、芳醇なベーコンの出来上がり。

DSC02129.jpg

一日中、薪ストーブで暖まりながら、燻製していると体まで、燻した状態に・・・。

桜ならではの匂いに包まれて、冬の休日が過ぎて行きます。

楽器は、道具?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

                           
楽器(太鼓・篠笛初めギターやピアノ、洋楽器も)は、道具ですよね・・・。

使いこなしてこそ、100%の力が出るもの。

それには、練習と年季が必要。

木工も木彫りも一緒の共通点。

DSC02070_201401152232493ac.jpg


1月26日(日)ライフピア市島大ホールで「第11打・和太鼓フェスタ2014

午後1時30分からです。

なんと入場無料で、しかも

プロの和太鼓チーム「舞太鼓・あすか組」も友情出演

丹波市ならではの、特別企画です。



果樹の剪定

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

この寒さ厳しい時期は、樹木もお休みモードということで

散髪(剪定)して、男前?べっぴんさん?に・・・。

果樹のために・・・病気や怪我や虫に強くなるように・・・。

DSC02115.jpg


栗、サクランボ、イチジク、ブドウ、梅、柿等の剪定をしました。

DSC02117_201401142113588ce.jpg

梅の木には、花芽(蕾)が付いてて、嬉しくなっちゃいます。 

ダイヤモンド砥石

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02113_20140113223749607.jpg

左側が、#800番のダイヤモンド砥石。

ダイヤモンド粒子を並べてメッキで、鉄板に引っ付けたもの・・・。

軽く研いだだけで、みるみる刃こぼれがなくなり研げていきます。

平面も、出てるので便利。裏押しは、これから初めて良いと思うのですが・・・。

そして右側のは、#1000番で焼結タイプのモノ・・・。

なんと、ダイヤモンドの層が2㎜位あります。砥面直しが、出来るのが強みだと思うのですが・・・。

「研ぎ一生」と言う言葉の意味が、やっと解りかけたのこの頃

天然砥石も人造砥石も旨く使い分けてこそですね。





木工基礎講座初日

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今朝も冷え込みました。


DSC02106_20140112224629dc8.jpg

今日から10週連続講座(10日間)が、始まります。

県内各地及び京都府亀岡からとか・・・。遠路2時間くらいかけて来られる方が、

10名中半数位おられます。

第一回目の講座の内容は、墨付け、鉋、鑿、鋸の初歩的な使用方法の体験です。

DSC02111_20140112224627973.jpg

基本的継ぎ手の練習として、2枚組接ぎと3枚組接ぎの加工を・・・。

次週に続きます。


刃研ぎ塾

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今年、一回目の「刃研ぎ塾」です。

寒い朝で水を触るのも凍えそうですが・・・。

県下から定員の13名+2名の応援団で、刃物研ぎ談義で盛り上がりました。

DSC02101_20140111223107f97.jpg

写真は、丸鑿をダイヤモンド砥石の#800で、研いでる所。

刃研ぎ角28度で、刃表の丸みに合わせて手首をひねりながら研いでいます。

軽く研ぐことが、重要なので・・・。写真のように・・・。

次回、刃研ぎ塾は3月1日(土)です。

氷の世界ですが・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今朝は、冷え込みましたね・・・。

DSC02087_20140110214725a11.jpg

朝日は、出ているのですが、北の空は雪雲ですね・・・。

そんな中、工房前の花壇のペチュニア(だと思うのですが)

まだ咲いてくれてます。

DSC02089_20140110214726e20.jpg

燻製のシーズン

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

前回のベーコンは、お正月で使い果たしまして・・・。

DSC02082.jpg

好評だったので、調子に乗って次回作を作ります。

今回も「お肉の丹波屋」で、鳥取県のブランド豚「マーブル・ポークのバラブロック肉」を2kg。

スパイスのレシピは、粗塩70g、三温糖20g、黒胡椒大さじ3杯、パプリカ大さじ1杯、ローレル15枚

オール・スパイス、セージ、ナツメグ、シナモンは、各小さじ1杯。

以上が、一般的な調合なのですが、我が家では、ニンニクスライスを5欠片位混ぜます。

DSC02084_20140109215632f9f.jpg

余分な脂肪は、ペティナイフでそぎ落とします。

DSC02085_201401092156323e7.jpg

千枚ドウシで、満遍なく穴を開けてスパイスがしみ込むようにしてやります。

DSC02086_2014010921563481a.jpg

後は、調合したスパイスをすり込む様にして、チャック付きビニール袋に入れて

冷蔵庫で、一週間寝かせます。(毎日、天地返しをして、揉んでやると良いです)

そして、塩抜きをするのですが、流水で十分にスパイスを洗い流してから

2時間位少量の流水で(肉には、水は当てないで)塩抜きします。

後は、キッチン・ペーパーで、良く水気を吸い取って一晩冷蔵庫で、寝かします。

燻製は、北風に当てて乾燥させてから温燻(65度から70度位)するのが、ベストなので

この時期(冬季)しか出来ないし、美味しくないです。

一週間後、燻製の模様を報告しますね・・・。



木彫り教室1

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

新年一回目の木彫り教室1です。

皆さん、お正月を挟んでの久し振りの再会。

DSC02079.jpg

平成26年も、みんな元気に楽しく「木彫りを楽しみましょう」

日本の伝統

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、七草粥を頂く日。しかも、朝食に・・・。

でも我が家は、夕食になっちゃいました 

DSC02072_201401072233035d7.jpg

お正月の暴飲、暴食で胃ももたれ気味。

ここいらで消化の良いものをとは、日本の良き伝統ですね・・・。

そして、新年の活動も活発になってきて・・・。

DSC02074_20140107223305782.jpg

太鼓初めの日です。地元の内尾神社宮司のお祓いを受け、身を清め新たにスタート。

1月26日(日)ライフピア市島の「和太鼓フェスタ2014」に向けて、

猛練習の開始です。

「うまく演奏が、出来ます様に・・・」と神様頼みです。 

カントリー・プロジェクト

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02067_20140106214651663.jpg

お稽古はじめに篠笛の練習をして・・・。

DSC02068.jpg

木工旋盤で、桜の木の撥(ばち)を2種類(直径20㎜と22㎜)を作りました。

左側のは、なんと100円均一で売ってあったもの(直径30㎜で、樫製)麺棒用です。

恐るべし100均。



元日

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今朝7時ごろに起床。

初日の出をと思いましたが、皆さんされていると思うので

バージョン・アップした工房をアップします。

DSC02037_201401012257012f9.jpg

昨年一年間かけて、ピザ釜の完成と花壇の整備、外周のフェンス設置と楽しんできましたが

まだまだ、実現したい夢があります。

DSC02040.jpg

夢の実現を祈願に地元「岩戸神社」に初詣。

今年も、よろしくお願いします。