丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

中級木工講座4th

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03606.jpg

3段小引き出しの外枠の本組みが、終わって「ホット一息」

後は、引き出しの加工。包打ち付けと小根や溝付き
取っ手や菊彫りなど・・・
外枠が、上手く出来てたら、順調に進むはず・・・
また来週 (^ω^)

スポンサーサイト

木は、動けませんが・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

樹木は、動けない代わりに根を大地に伸ばし・・・
幹と枝と葉が、光を求めて成長します。
時折、人間の都合で窮屈になると、力を発揮して
コンクリートの塊も動かします。
DSC03598.jpg

写真は、門扉の横に植えた「ドウタンツツジ」の根が伸びて、門柱を傾けてしまいました(多分)。
地殻変動かも?は、大げさだと思うので、垂直に立て直して、コンクリを打ち直しました。

庭木も紅葉が、進んで綺麗んですが、冬の拵え薪作り

DSC03603.jpg


薄く、細くすると・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

3年まえに作った「サカキ」のお箸

DSC03596.jpg

見事に反ってしまいました。
細目で、目通りの良い所で作ったつもりで・・・
塗装は、植物系のオイルをすり込んだだけでした。
「木を読む、活かす」が一番、難しいかも・・・
人間と一緒ですね。

木枯らしが、吹くと・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

この土曜日は、「刃研ぎ塾」
年6回実施しています。其の段取りは・・・
先ずは、使用する砥石の面直し(一人当たり3枚。#1000と#6000)×13名分
全て、直定規を使って、検査します(砥石も研いでる訳です)
DSC03590.jpg

そして、刃物の裏出しや歪み取りに使う「金床」も傷のないように磨きあげます。
写真の円塔の鉄柱は、オーバル・ボックスの鋲打ちの時使用します。

DSC03589.jpg

一方、工房では・・・
DSC03586.jpg

野鳥(雀?サイズ)の餌台を設置。

木枯らしが、吹くと燻製シーズン。
今夜は、ご近所さんにベーコン指南。
DSC03587.jpg

豚バラ肉の整形(余分な油をとること)、千枚通しで「滅多突き」して調合したスパイスを
すり込んで・・・一週間冷蔵庫で、熟成させます。
この土曜日に塩抜きをして、翌日、半日は「北風」に当てて風乾。

この日曜日の午後ゆっくり「桜・チップ」で燻します。
ギャラリーしたい方は、どうぞいらしてください


その後、順調に・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

やっと、一本取れてから

一週間の間ににょきにょき。6本以上確認。

DSC03584.jpg

庭の「カイズカ・イブキ」の垣根に持たれさせています。

これが、松茸だったらなんて考えたら、シイタケに失礼ですよね (^ω^)




ベンディング・アイロン

Posted by M’sクラフト on   1 comments   0 trackback

DSC03582.jpg

ベンディング・アイロンで、オーバル・ボックスの曲げ木。
1,8mm~3mmのチェリーとミズナラを楕円形に曲げ終わった所。

なかなか型通りには、曲がらなくて四苦八苦。

樹木は、90°C位から、軟化して110°位で焦げ初めます。
この間で、曲げて癖を付けていくのです。

暖まる作業で、汗(^_^;)かきました。


中級木工講座3th

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03577.jpg

3段小引き出しの天板と側板は、両端止め型です(45度)
最も目に付く場所なので、45°の角度のカットした当て定規をあて
鑿(ノミ)をガイドの沿わせて一突き仕上げ。

DSC03579.jpg

今日で、箱組みの仕口加工は、おおまかに終了。
次週、仮組み・調整の後、本組みします。

外の景色。

DSC03581.jpg

快晴。朝は、冷え込んで霧も発生していましたが・・・
でも、霧って都市化が進んだ地域には、発生しないらしいので
空気のキレイな田舎の象徴なのかな?
そして、寒暖の差が農作物を美味しくしてくれるのは、確かですよね。


霜降

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

季節は、初冬。例年、霜降に合わせて、小学校の薪ストーブの火入れ式が
行われるのが、ニュースで紹介されます。
我が家の休日は、これから春まで薪ストーブ生活。

DSC03574.jpg

朝一番に火入れして、温まる間に「ガクアジサイ」植え付け・・・
DSC03573.jpg

この冬場の楽しみが、燻製。(温燻・冷燻は寒くないと)
DSC03575.jpg

オリジナルの燻製器も出番近し。綺麗に洗って天日干し。
ストーブにあたらなくいても、暖かな晴天になりました。 ヽ(*´∀`)ノ




諦めていた実り

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

一年半前の春に「シイタケ菌」を植え付けて・・・

待つこと・・・

DSC03572.jpg

10本のクヌギの木に200個の菌。

庭の日陰に積み上げていて、夏場は水遣りをして・・・

待って・・・ やっと一本。 

木彫教室準備

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

明日は、木彫教室を開催。
いつも気持ちよく安全に彫ってもらうため・・・。

DSC03570.jpg

切れない刃物は、無理な力が要ったり、木の仕上げにダイレクトに現れます。
職人言葉で「木が、痛い痛い」という表現をします。

でも、朝から晩まで研いで150本。

ほんとに彫るのと研ぐのは、イコールです。



大相撲丹波場所

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

朝8時の丹波市市島町愛育館前
DSC03540.jpg
もう会場内では、若手力士の朝稽古が始まってるらしい。

我々「氷ノ川太鼓」は、ウエルカム出演。お出迎え・・・です。

DSC03542.jpg

平日の出演なので、今日はメンバーも少なめ・・・。
でも、気持ちは「ようこそ丹波」のおもてなしの心で、精一杯務めさせていただきました。



ここ数日、風邪で体調不良。ブログの更新もさぼっていまして・・
朝晩の冷え込みで、体がついて来てません。



定植と柿

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03529.jpg

篠山のSさんから頂いた、ブルーベリー。なんの種類かわかりませんが、
いろんな品種を植えたほうが良いらしい。

DSC03530.jpg

我が家の柿の木(くぼ柿?)今年は、花の頃に雹にあたってか
成りは、イマイチです。(裏年かも)


参加者募集

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

和太鼓体験教室開催決定

DSC03117.jpg

4回連続体験会です。練習日は、11月6日(木)から13日、20日、27日

時間は、午後8時から10時まで。

場所は、丹波市立「太師の杜・合奏室」

対象は、一般成人。

参加費用は、資料代として2000円

お申し込みは、氷ノ川太鼓振興会事務局 080-3628-9074(吉田まで)

内容は、和太鼓の種類と用途、太鼓の打ち方、構え方、バチの握り方
そして、楽譜の読み方(なんと、和太鼓の世界も5線譜が、あります)
基本打法を学びながら、高見リーダー作曲の「ほのぼの太鼓」が
叩けるようになります。
組太鼓の楽しさが、体験できる名曲です。
さあ~レッツ・トライ。

運動のしやすい服装で、体育館シューズ
あと、タオルや飲み物も持参してくださいね。

避難

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今年は、突風と雹の被害に始まりその後、豪雨や台風、御嶽山の噴火など
天変地異が、連続。こんな時、ただ祈り、備えることしかできません。

DSC03523.jpg

我が家の巣箱も工房内に避難。
もうすぐ、11月そろそろ冬の支度・・・。
季節は、巣箱と餌箱の設置シーズン。
日当たりの良い南向きの幹にシュロ縄で固定。

木工倶楽部

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、台風接近・・・
各種行事(イベント)が、中止されてますが・・・
木工倶楽部は、「雨にも、負けず・・・?」の精神で。

DSC03521.jpg

Shaker Oval Box Kitの先行試作をしています。
先ずは、型紙から木型とフィンガーデザインの型紙を作り・・・。
ベンディングして(この作業は、体験しないとしないと解らないと思います)
写真は、銅タックを打ち付け、トップ・ボードとボトム・ボードを入れた状態
いわゆる借り組みしてみました。
後は、木釘で固定して、仕上げ(サンディングして塗装)
続きは、次回例会で・・・。

秋の例大祭

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03496.jpg

丹波の國、国領村

「岩戸神社」秋の例大祭の本宮です。

DSC03503.jpg

我々国領神楽の会は、各地域の休憩所で、
神楽を披露させていただいてます。

DSC03505.jpg

この子達の健やかな成長を願って・・・。

DSC03518.jpg

国領自治会の自慢。(戸数は、約200戸の集落です)
このお弁当、毎年800食分用意して参加者に賄います。
これだけの焚き出しが、出来るのは凄い事だと思い
感謝しています。





国産のミズナラ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03488.jpg

日本産(多分ですが、北海道産)のミズナラの柾目板。
木工クラブのメンバーの持ち込み材です。
加工依頼を受けて、むら取り(歪みのこと)軽くプレンナー掛けした状態。
幅24cmクラス。
柾目板は、板目板に比べて希少で高価な一品。
それに、細目(年輪の間隔が、緻密)で、トラフ(放射状木理のこと)の
模様が、綺麗です。
依頼者はこの楢の木で、お孫さんの学習机を作られるそうです。

これこそ、次世代に告げたい最高な逸品ですね。
出来上がりが、楽しみです。

ご注意。
台風19号が日本列島接近の予報。
近畿地方も、13日~14日に暴風や豪雨の予報で、イベント中止が相次いでいます。
特に屋外イベントは、注意が必要です。
13日の柏原藩織田祭り(美味いもんフェスタ)は、早々と中止になりました。

でも、明日12日は丹波地域の秋の例大祭が、各地域で開催されます。
どうか無事に開催され、無事故で盛大に開催されれば嬉しいのです。







第2期中級木工講座 1Th

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03487.jpg

写真の小引き出しを7週7日間で、制作します。
伝統工芸では、無いのですが手道具中心で加工していきます。
初日の今日は、天板の芋矧ぎで接着後、引き出し前板に
取り付ける枘穴3ケ所掘ったところで、終了。
次回からは、箱組みの墨つけ~
「先留め5枚組み継ぎ」の加工に入っていきます。


中級木工講座始まるよ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

明日から、7週連続講座が始まります。
初級講座を終えられた方、対象の教室です。
前回作品は、スツール。
今回は、3段子引き出しです。

DSC03482.jpg

写真は、先代が建具屋時代に使用していた溝彫りカンナ。
3ミリと4ミリの幅の溝が、削れます。
現在では、トリマーとかルーター、プロ的な方は昇降盤にチップ・カッターで
加工するのですが、昭和30年代までは、このカンナが活躍していました。
いやな音もしないので、残しておきたい道具の一つです。
教室では、トリマーをテーブルにセットして加工します。

旬な物

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

おおやフォーク・アート入選作品。
DSC03430.jpg

私、この作家さんのファンです。

南瓜(かぼちゃ)若々しくて(新鮮)良いですね。これでこそ「フォーク・アート」の世界。

やはり、都会的ではなく田舎ぽっくないとね。

フォーク・アートおおや展は、10月13日(祝)までですよ。

DSC03471.jpg

これは、我が家の旬な物。この秋の食卓なんですが、アジの開きは素揚げした物。
頭から、丸かじり出来ます。「冬瓜の炊いたん」と「ポテトサラダに食用ホウズキ」
そして、私の大好物の「豆ご飯」どれも、旬な食材。
どれも、野暮ったくて、田舎的でも私は、大好きです。

DSC03481.jpg

今宵のお月さんは、忙しそうです。

DSC03417_20141008223938e86.jpg

月見は、串団子?
丹波は、やはり「大納言あずきのぼた餅」
お彼岸にもお供えしますが、旬は、今頃かも・・・。
丹波の栗、大納言小豆、丹波のコシヒカリの新米どれも
旬の産直です。

「天高く、馬肥える・・・?」
この週末、丹波地方は、各地で「美味いもんフェスタ」が、ありますよ。
その一つ、「織田祭り」は、10月13日(祝・月)柏原八幡宮周辺で
時代行列やステージイベントそして、旬な丹波の美味いもんフェスタが、開催されます。
連休のお天気が気になりますが、都市部の方、お財布の紐緩めて
お越し下さい。

これが、このブログの記念すべき「1000号」の記事です。(私の中で・・・)
足枷、3年かかりましたが、皆さんの拍手コメントで、やってこれました。
これからも、出来るだけ継続して更新していきます(多分)

でも、体力的、精神的に行き詰った時には、
お休みさせていただきます。

これからは、自分にも自然体で、居たいからです。

伝えたいこと、広めたいことは、その時折りに発信していきますので
反応して頂ければ、原動力にますので
今後共、よろしくお願いします。








オーバル・ボックス

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

木型と型紙が出来たら、加工です。
大中小のサイズの中で、作り易いのはやっぱり大きなサイズ。

DSC03468.jpg

糸鋸機で、おおまかにカット(墨線を残すのがコツ)
後は、小刀(私は、あえて左用を使います)で、仕上げて面取りも
角度を決めて仕上げます。

DSC03469.jpg

型紙から鋲釘が、入る所をマークして千枚通しで印して
卓上のボール盤に1,2mmの鉄鋼ドリル刃を取り付けて、回転数も機械の最高回転に
プーリーの組み合わせを替えて・・・。

DSC03470.jpg

反対側の重なり合う部分をカンナで、削ぎ仕上げます。
これで、下準備終了。流し(シンク)に水をはって浸けておきます。
作業は、また後日報告します。

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

台風通過の吹き返し。
北風が、三尾山に当たり雲が、沸いてるように・・・
時雨?を運んできて、晩秋の寒さになっています。

DSC03465.jpg

でも、旬な作物は、順調に・・・。
秋のお祭りに合わせるように、丹波の枝豆が食卓に登場。

DSC03466.jpg

お祭りに出される豆ご飯の「おにぎり」は、絶品。
丹波に生まれ、育って、暮らしてきたご褒美に思える季節です。

無事終了

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

フェスティバル終了の午後4時に雨が、降り出しました。

無事(天変地異無く)に終了出来たことに感謝。

どうか、台風18号も被害なく通過してほしい・・・。

DSC03459.jpg

これから丹波のイベントは、氏神様のお祭りや「丹波の旨いもん」の

催しと風光明媚を楽しむ紅葉のシーズンです。

都市部にはない、日本の故郷を感じさせる原風景が丹波の魅力です。

是非、また丹波に来てくださいね。








ご紹介

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

職場最大イベント。今日、明日と・・・。
クラフト・マン(レディース)のフェスティバルです。
DSC03456.jpg

めいめい気に入った所に野外展示するのですが
芝生広場は広々しています。
苑内約180ブースのクラフト・マンが、要る様にはみえませんが・・・・・。
いや遊歩道は、所せましのギャラリー街道になっています。

DSC03458.jpg

私は、木彫サークルと木工倶楽部の活動展示をして、PRしていましたが
木工についての相談もちょこちょこあって・・・
明日も続きます。
朝9時から、午後4時までですよ。台風接近中なので、お早めに・・・。
お天気になーれ

届きました

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

オーバル・ボックスのキットが、届きました。
木工倶楽部の教材用に○フ・コーポレーションから、取り寄せた物です。
注文してから、2か月待ちました。(人気が、あるのですね)

DSC03453.jpg

材種は、チェリー。柾目の目の通った所で、木取りされています。
流石に産地(北米)のキットです。厚さも2㎜と1.8㎜の極薄板に仕上げられています。
後は、組むだけ?
いや・いや木型も型板も自分で、用意しなければなりません。
大・中・小3ヶセットで、¥4,860は高いか安いか?
作り手によりますね

何とか花が、付きました

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03451.jpg

夏先の頃に新芽を蟲に食べられたのですが・・・。
暑い盛りに復活のサルスベリ(百日紅)
もう、最盛期は過ぎましたが、頑張って咲いてる感が、嬉しいです。

DSC03452.jpg

幹は、綺麗な木肌。
数寄屋作りの床柱とかに使われるのですが、新築には床の間が無い家が
殆どですね。
後、リョウブや椿の幹も綺麗ですので、お勧めします。
また、木理が密で細目で、粘りもあるので細工物にも良いですよ。

同種?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03450.jpg

左側の筆箱の蓋は、東南アジア原産の花梨(カリン)で、赤身と白身がブックマッチに
成る様に、中央で芋矧ぎしたもの。
日本産のカリンとは、梨科の樹木ですが、花梨(カリン)はマメ科のソラマメ亜種です。
同じ、名前でも産地で違う樹種は、色いろと合って・・・
学者さんや大手木材業者(大手商社)さんによって、都合のいい
和名が、付くいい例だとおもいます。
他にも、新カヤ=スプルース。日本では、碁盤や将棋盤の最高樹種にカヤの木
の細目の柾目板が、最上の物とされてたんですが、安価?な代用品として
北米大陸から、スプルースが、大量に輸入されました。
でも、今では貴重材種です。
細目の目通りの良い柾目板は、「ミュージック」の刻印を許され良い所は
楽器用に高値で、取引しています。(バイオリン・ギター・チェンバロ・オルガン等)

木を取り直して・・・

中央の鞘には、「しら書き」と言って、木工細工の墨付けに使用する刃物を
仕込んだものですが・・・(右端が、(しら書き刃物))
しゃれっ気で、シラカシの腐敗菌の入った所で
柄付きの鞘を作った物です。
この間の黒柿同様、銘木に見えませんか?
(木理が、ウズラ杢?)
鳥のウズラの羽の模様

今の時代となっては、どれも貴重な再生可能な地球資源。
大切に使いましょうネ。