丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

size #1~#3 plus #4・#5

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03764.jpg

O社のオーバル・ボックス・キットは、3sizeでしたが
比率で、大きくすると+25%増で、2size作ってみました。
何とか、この火曜日の「木工倶楽部・例会」に間に合うように
出来てよかったです。

キットには、マニュアルが添付してあるのですが、
作ってみないことには、解らない事が多く
「木が、柔らかくなって曲がる感覚」と「スプリング・バック」の
割合は、樹木によっても変わるので、経験が必要です。

スポンサーサイト

ベンディング?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03765.jpg

今頃から、立木を伐採するシーズンです。
広葉樹の生木を曲げて、乾燥させ用材にする技法です。

薪キャリアを作ろうとチャレンジ。
見事に失敗 (つд⊂)(楢木に対しても悪いし。少し、心も折れた)

でもこれこそ「グリーン・ウッド・ワーキング」
また、再チャレンジします。


今夜、時雨れて

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

時雨れています。

DSC03756.jpg

モミジの紅葉も最後の数枚に・・・

「濡れ落ち葉」に・・・




クルミオイル

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback


ウォルナット(クルミの仲間)に・・・

DSC03761.jpg

椅子の座板とついで?にカッティング・ボード(チェリー・メープル)にも
「クルミオイル」をウエスで摺込んでみました。

50cc入りで、食用・木工用と書いてあります。
口に入れても安全なオイル。カッティング・ボードにも最適かな?
しっとり濡色で、いい感じです。


木彫教室2

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback


今年のXmasに間に合ったサンタクロースの方

オメデトウ(^▽^)ゴザイマース

DSC03749.jpg

これからは、サクサクっと彫っていきましょ。

ピーナッツ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03746.jpg
朝から、雨ですが・・・。
畑のピーナッツ。今年は、イマイチ小ぶりで・・・。
水で洗って、選別しています。
私の脂質摂取の摂り過ぎが、血液検査でもはっきりしてきたので
これで良かったのかも・・・

日本製の篩。観察すると半円ことに曲げて継いでいます。
日本にも曲げわっぱの技法があるので世界は、繋がっていますね

さて、今夜の食卓には・・・

DSC03748.jpg

早速、茹でたピーナッツ登場。
シチューは、バター・牛乳・スキム・ミルク等は、買ったもの・・・
ベーコン・じゃがいも・ニンジンは、自家製。インゲンは冷凍ものです。
あと、木のスプーンは、オリジナルのケヤキ製です。

好きなものは、私の体に悪いの?????



参加メンバー失敗なく・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

木工倶楽部の例会でして
前回は、木型作り・型取り・・・
今日は本番のベンディング(曲げ)です。

お勧めは、お湯(煮沸してる)に10分くらい煮込んで・・・
型に合わせて曲げて固定。

DSC03742.jpg

写真は、蓋を合わせて曲げて、スプリング・クランプで固定しているところ
後は、乾かせてからの作業が、良いと思います。
続きは、次回。

初窯

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今シーズン初のpizza窯。

DSC03730.jpg

朝の9時に火を入れて11時頃には、炉内約400度に・・・

薪は、2年物のアラカシ。
火力は、日本の樹木のなかで、最強です。
いつもの定番メニューのpizzaを12枚ほど焼きまして
締めは、丹波ならではのデザート・pizza・・・

DSC03741.jpg

pizza生地の上にメープルシロップのソース。
其の上に丹波大納言の小豆アンコをトッピング。
?????な、オリジナル・pizzaあの出来上がり。
反応は、メープルの風味が、飛んでしまって・・・???
ソース無しで、小豆アンコの上に生クリームのトッピングorバニラ・アイスが
って、ご意見が・・・
今度、試してみます。

板目板

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

前回のオーバル・ボックスは、チェリーの柾目板で板の厚さ2ミリ。
今回は、キットでは無く自前のチェリーの板目板で、曲げてみました。

DSC03729.jpg

3つ曲げてみて、2つ成功。一つは、アールのキツイ所で
一部分割れてしまいました。
やはり、木目に沿って割れていくわけですが・・・
心も割れてしまいます。でも、木の気持ちになると
無理やり100度のお湯で炊かれて、曲げられるわけですから
無理もない話。
人間だったら、骨折です。   ☆⌒(>。≪)

リカバリーに瞬間接着剤をすり込んで、クランプに固定。
結果は、24日の木工クラブにて公開。

無事?修了式

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback


7週連続講座。(木工中級編)3段小引き出し完成。

DSC03727.jpg

今日は、朝から引き出しの調整で、小鉋で合わせていきました。
これが、意外と手間とって汗だくに・・・(^_^;)

午後になって全体の仕上げにかかって、いつものオイル仕上げで終了。
全員が、完成したのと怪我人が、出なかったのが何より。

皆さん、記念の良い思い出作りになったでしょうかね?




我が家の秋

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03718.jpg

今日は、日差しも緩やか・・・。
楠に引っ付いてきた?ドウタンツツジが、ひっそりと紅葉しています。
その手前には、紫陽花を植栽していますが、これもひっそりです。
手前は、3年前に植えた白樫。冬でも常緑の広葉樹。
工房の防風林です。



松の炎

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

もう連夜、丹波のmy工房では、薪ストーブ生活です。
炎を眺めていると体が、温まるだけではなく
心も解れてくるのが・・・嬉しい

DSC03706.jpg

松脂の多い所(肥え松)を燃やしてみました。
火力が、一気に上がります。

戦中、石油資源が、南方(ボルネオ島他)から輸送しにくくなった大戦後期
松脂を精製して戦闘機を飛ばそうとしたとか・・・。

もっと昔の戦国時代は、燭台の油や松明に利用されたので、松の木は
大変重宝されてたのが、解ります。
丹波黒井城。
登山道の松の木の木肌は、松脂を取った刀痕が見られます。


また、油絵をされる方は、油絵の具の薄めたり筆洗いに利用する
「テレピン油」も松脂を精製したものらしいのです。

昔の人々の生活と生産活動は、天然資源(再生可能エネルギー)で
持続可能社会を実施してたのですね・・・・・ m(_)m


手仕事の痕

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

昨日の椅子の座面彫り。
ウォルナットの座板を横削りで、4方反り鉋で曲面に・・・
お尻に馴染む?ように・・・
そして、手仕事の痕を残しつつ・・・
DSC03713.jpg

自分に合った椅子

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

みんな体格が、同じではないので、それぞれに合った椅子作り。

DSC03709.jpg

座面が高いな・・・とか背もたれが、もう少し傾いてたらとか・・・

そんな時には、床面(基準面)から、鉛筆トースカンで平行線を書いて・・・
線の通りに鋸で、カット。
ついでにフェルトシートを切り口に貼ってやるとベストになりますよ。


炊いたり、アイロン・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

オーバル・ボックス。曲げ方を色々と試しています。
今日は、特製鍋で、炊いてみて曲げたり
ベンディング・アイロンや家庭用スチーム・アイロン

DSC03695.jpg

結果は、ともかくどの方法をとっても木が、曲がる時の瞬間を見逃さず
冷めないうちに固定することかな?

DSC03697.jpg

チェリー3台は、キットの分、その他のは全てナラの木の柾目(虎斑杢有り)
一台を除いて、未塗装、未研磨です。
仕上げ方法は、#240以上のサンド・ペーパーで、磨いてから
オイル仕上げ・木固めエ○ス・カシュー・拭き漆の何れか
または、最近「食品安全衛生法適合」の水性塗料を塗るか
木工倶楽部のメンバーと話し合ってみます。

木彫サークル

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

毎月第3土曜日は、「木彫サクール」

DSC03693.jpg

アトリエ棟で、めいめい好きな題材に挑戦。
朝の10時頃から、午後4時ころまで、ゆったり気分?で楽しんでいます。
もちろん、ランチも一緒に食べ歩き。
今日は、町内の幌内そば屋さん一周年のお店にgo。
美味しくいただいて、しかも一〇〇円引き。
そして、お茶したり・・・

「口八丁手八丁」の「木彫サークル」です。



木工中級講座6日目

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、引き出し3段の仕上げ、組立の日。

DSC03692.jpg

取手の枘穴加工と取っ手の曲線仕上げが、思ってたよりかかっちゃいました・・・
後、菊彫りも気になって・・・

でも、何とか午後4時には、全員くみたて終了。
次回は、最終回。全体の仕上げをして、引き出しの具合も合わせて・・・
オイル塗装して・・・何とか完成を目指しましょう。

霜避け

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今夜(午後7時30分頃)の豊岡自動車道・氷上インター付近の気温5°
もう、12月中旬の冷え込みです。

DSC03689.jpg

アスパラガスの苗は、短くカットして・・・
蝋梅の苗木は、プチ温室で過保護に育ててます

木彫教室Ⅱ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

毎月第2・第4水曜日は、木彫教室のⅡのクラス。

今年始められた方から、10年選手まで

最初の目標は、それぞれありますが・・・

DSC03686.jpg

クリスマス・シーズンが、近づくとサンタクロースは忙しそう。




見守り隊

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

出勤前にボランティア
小学生の通学路の交通安全「見守り隊」

DSC03685.jpg

通学路は、カラー舗装になっています。
国領川「神田橋」前より、三尾山を望む。
寒くて、霧が発生して・・・でも今日は、いい天気になりそう。


脂質異常症予防とベーコン

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

職場の健康診断が、ありまして・・・
コレステロールの数値が、高めとなりまして
予防・改善の食事を勧められました。

ですが、好きな食品をやめるのも?

ベーコンの素材を豚バラ肉をやめ、豚肩バラ肉に変更。

DSC03683.jpg

この部位なら、脂身が少なくて改善に繋がるはず・・・
後は、量を控えることぐらいですね・・・

準備

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

来週は、火曜日「木工倶楽部」、水曜日・「木彫教室Ⅱ」、金曜日・「木工中級講座」、
土曜日・「木彫サークル」と続くので、準備するものが多くて・・・(^_^;)
材料、お手本、刃物研ぎ等・・・「段取り8分の世界」です。

DSC03676.jpg

これは、壁掛けの鏡「椿」・縦横52センチ厚さ3センチの大きさです。
「透かし彫り」の技法で、糸鋸機で切り抜きをし終わったところ。
材料は、シナの木で3枚接ぎ合わせて用意しました。

DSC03677.jpg

火曜日の木工倶楽部で、取り組んでるオーバル・ボックス。
キットのチェリーの他にサイズを変え楢(ナラ)の柾目板(虎斑模様)で、作ってみました。
仕上げの塗装は、メンバーと相談して決めたいと思います。

カッティング・ボード

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03637.jpg

日本では、まな板。
銀杏(イチョウ)・朴(ホウ)・柳(ヤナギ)が、良しと言って・・・
訳は、「刃当たりが良い」・「刃先を傷めない」等です。

でも、塩ビ製のまな板じゃないと不衛生だという方もいて
理由が解らなくなるのですが・・・

木で、おしゃれ?
カッティング・ボード(まな板)とは・・・

西洋のまな板は、日本みたいにコダワリがないのか、何でもいい?
写真手前側が、ウォルナットとハード・メープル。
クランプに挟んでるのが、チェリーをハード・メープルでサンドイッチしています。
木工的には、雇い核(ヤトイサネ)と言う技法で、接合度を上げています。

後は、デザイン。
使いやすい形とは?





木工中級講座5日目

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今日は、3段小引き出しの加工。
DSC03630.jpg

加工を羅列すると・・・
1、 引き出し前板の包打ち付けの段掛け加工。大まかに手鋸で、カットしてトリマー使用
2、 底板の入る溝切り4ミリ×5ミリ一段につき3箇所(トリマー)
3、 側板の吊りさんの溝切り8ミリ×6ミリ一段につき2箇所(トリマー)
4、 〃 の小根の入る溝きり一段につき2箇所(トリマー)
5、 向板の小根加工(トリマー)
6、 引き出し前板の取っ手部分の「菊彫り」と枘穴加工
7、 取っ手の糸鋸加工・面取り

と 非常に小ぜわしい内容になって・・・
またトリマーの切削音が、耳にこびりつくし・・・
一日が、非常に短く感じた5日目でした。

DSC03631.jpg

私は、トリマーの音に弱いので、際鉋で段掛け加工や4ミリの溝堀鉋で加工。
機械化される前の時代は、全て手道具だけでやっていたのですものね
この技術、つぎの世代につなげたいものなんですが・・・。




お天気のはずが、時雨

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

天気予報では、晴れ時々曇りの予報。
玉ねぎを植え終わっての畑仕舞いをしたかったのですが・・・
朝から☂

DSC03629.jpg

工房に火を入れて、杉のフローリングに柿渋を塗りました。
温めながらの作業で、柿渋特有の臭いが充満。

ホントは、強い日差しに晒してやると良く染まるのですが・・・
更に黒っぽくしたい場合は、柿渋液の中に鉄分(釘・スチールウール)を
入れると、セピア色に・・・。
でも、手を入れただけいい色合いになりますね・・・

スチーム・アイロン

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

スチーム・アイロンで、オーバル・ボックスを曲げてみた

DSC03626.jpg

型通りに落ち着いてくれるか? 否か?

こくばかき?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

庭木の枯れ枝や落ち葉で、焚付に・・・

DSC03622.jpg

昭和40年代後期まで、小学校の暖房は石炭ストーブ。
月に2回程は、ストーブ当番があって焚付の松葉や小枝を一括りにしたものを
山へ行って用意していました。
11月も今ころになると松茸山の解禁も解けて、自由に松茸山に入れ
豊作の年なんかは、今ころでも松茸がにょき・ニョキとあって持って帰ると
たいそう喜ばれました。
確か、「コクバカキ」と呼んでたような・・・



田舎のお楽しみ・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

予定では、ベーコンを燻製するだけのつもりだったのですが・・・

DSC03616.jpg

ご近所のお嬢さんが、pizza釜で食パンを焼いてくれました。

DSC03618.jpg

私は、釜焚き職人?になって温度管理。
薪窯でも「ロール・パン」や「食パン」を焼く180度位の温度管理が
出来るように・・・。

刃研ぎ塾

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今年最後の「刃研ぎ塾」
今回は、定員の12名参加。その内8名の方が、初参加。
いつもの通り、砥石の準備、刃物の種類の話から初めて・・・
比較的始めやすい両刃の包丁研ぎから、実技をして・・・

DSC03608.jpg

30倍の拡大鏡をモニターで、チェック。
刃が、欠けてないか?砥石の研ぎ目を見たり・・・。
見て納得の世界です。(画面の下のラインが、刃先にあたります)
そして、地金と鋼の模様が良くわかりますね。

色々な刃物(包丁(片刃・両刃)・鎌・鉈・ドロー・ナイフ・小刀・彫刻刀各種等)
10人十色の刃物。

其のうちのひとりは
カンナ刃の研ぎとカンナ台への仕込み、台直し、合わせをして

DSC03607.jpg

8分仕込みの新品のカンナを三木の鍛冶屋さんで、getされた西宮市の初参加者さん。
なんとか、5時までに仕立てられ試し削りが、出来ました。
これが、鉋スタートです。(写真は、鉋台の隙加減を確認してるところ)
「一に刃研ぎ、二に台直し、三に合わせ」
この三つが、揃ってやっと鉋削りが、楽しめます。

大工名人言葉に「刃研ぎは、禅の修行である」と公言されてる方が
おられますが・・・・・
でも、私はそこまで思いません・・・
「思い通りに削れたり、切れたり、彫れると楽しい」ので、刃物を研ぎます。
嫌な音もしないし、埃やゴミも発生しないし
何より、木の肌が艶やかになるのが、嬉しいのです。