丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

木枯らしや・・・

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

木工中級の講座も2日目を過ぎ、3日目(10月25日)から・・・
指導者(講師世代交代?)
DSC09984.jpg

私は、アシスタント?に・・・
聞き手に回り、迷惑にならないようにサポートしているつもり・・・


外は、木枯らし一番。
深まる秋の丹波に、彩りが深まります。

DSC09986.jpg

そして
11月は、和太鼓イベント盛りたくさん。
イベント情報 11月 1日(日) ライフピア市島周辺にて、復興祭(時刻等まだ未定)
              3日(祝) JA丹波氷上本店感謝祭 Pm1:30頃から
          15日(日) 丹波市氷上町円通寺紅葉祭り(詳細未定)

                    

スポンサーサイト

朝は、霧(キリ)丹波

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

丹波地方は、朝晩の冷え込みが、強い?

DSC09982.jpg

ソーラー発電はしてませんが、温水器は付けています。

今朝みたいに10度前後の気温で、霧が発生してても

お風呂のお湯43度・200リッターは、出ます。

もし、原子力発電所が、沸騰したお湯を得るためだけにウラン(放射能)を必要と
するなら・・・
また、電気を使用する我々が、お湯を必要とするなら
温水器は、地球に動・植物に優しい「太陽光温水器」で、決まり!



織田祭りとうまいもんフェスタ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC09961.jpg

柏原八幡宮下の駐車場の特設ステージでの出演。

なんと、氷の川太鼓の幟の左側の男性(赤いトレーナーハチマキ姿)の方は
「猪の丸焼き」を・・・
その横には、長蛇の行列が・・・・
「食欲の秋」 肉食系強し。

そして、メインは
ホンマモンの殿様(織田家18代当主)と
浅井3姉妹のお姫様も登場の武者行列

お昼前とお昼からの2ステージ。
ほら貝のチームやアンデス民謡、ゴスペルや居合術。吹奏楽団にスチール・パン・バンド
多彩なステージが、続きました。

その間中長蛇の列は、延々と・・・
午後2時ころ猪の姿は、骨だけになってました。
私たちは、ありつけませんでした。 (´;ω;`)

で、我が家のうまいもん(旬な)夕飯
DSC09980.jpg

むかごと枝豆のご飯。畑で、取れたニンジン、里芋、ごぼう、ネギの豚汁。
緑の色とりは、大根菜。
ポン栗は、おばあちゃんの里にクリを持ち込めば、「ポン」してくれてです。
土日は、無理ですけど・・・(栗に割り込みの包丁を入れておくことも条件)




中級木工講座始まる

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今年で、3年目の木工講座。
過去2回は、7日間かけての先留5枚組接ぎの3段小引き出しだったのですが・・・
今回は、諸事情で10日間(毎日曜)で、先留7枚蟻組接ぎの
オカ持ち方、三段小引き出し(道具箱)に挑戦。

先ずは、5枚蟻組継ぎの「3輪差し」の制作からの実習です。

DSC09940.jpg

75度の墨付けに悪戦苦闘?   鋸で、荒取りして、鑿で仕上げる・・・で

初日は、仕上げるまでに至りませんでした。2日目の午前中の作業で

仮組が、出来るようになれば予定どうりなのですが・・・?

 

織田祭りとうまいもんフェスタ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC09944.jpg

お昼、前後に和太鼓演奏します。
場所は、八幡神社周辺ステージ。
今日は、お天気も秋晴れ・・・時間のある方は、是非
お越しくださいませ。

10月4日まで・・・大屋ホール

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

第22回公募展「木彫フォークアートおおや」へ行ってきました。

今年のグランプリ作品は・・・・

DSC09891.jpg

「猫の洞窟」 樹の祠(ホコラ)の中に沈め掘りの技法と立体的に彫られた

作品。全体的に見れば・・・

外面的なモノの捉え方と内面的なモノの中に潜むモノを

上手く表現しているグランプリ作品でした(あくまで、個人的な評価です)

私的に好きだったのが・・・

DSC09892.jpg

陶芸教室の父の在りし日を表現した作品が、好きになりました。