丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

川に柴刈り

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00775.jpg

某自宅周辺の川辺に茂る雑木?を護岸保護と美観そして・・・・・
薪ストーブの焚付に柴刈りに来ています。

DSC00764_20170330193510b5e.jpg

近年、薪も売れる商品になってきてるので
「タナボタ」的に手に入る訳では、ありません。

DSC00777.jpg

薪と言うよりは、柴狩りに川辺を歩いて
「焚付」を収集中です。

スポンサーサイト

山里の暮らし

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

やっと地元自治会里山保全活動(山日役)が、実施されました。
DSC00748_201703051732051b8.jpg

戦後に地域あげて建設作業に携わった農業用貯水池(一部上水道だった)「長谷大池」
清らかな湖面の南側山肌は、かつて松茸が多く取れ貴重な地域の収入源になってました。
今では、その頃の松の木は「松枯れ」で、ほぼ全滅。

DSC00753_20170305173203c6b.jpg

約10年ほど前から、実生(地生える)の小さな苗木だけを残して
雑草刈と枝打ちを繰り返して、結果(松茸)が・・・・・期待されています。
写真は、直径1メートル位の松の木。
この木も枯れてて、倒木の危険があるので、チェーンソーで切っています。
地元の大工さん達は、10数分で狙った方向に見事に伐採。

DSC00747.jpg

こちらの写真は、比較的管理(間引き・枝打ち)された檜林。
もう少し、間引きと枝打ちを高いところまでして
陽が差し込むようになれば、良いんですけど。
人力頼りの山日役では、そこまでは難しく・・・・・。

でも、この日の作業には自治会の3分の1の約70名の参加で
地元交流もできて良かったし、なのよりの春日和。
久しぶりにいい汗をかきました。