FC2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

陽光(その3)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

      午前8時の工房風景


DSCN7741.jpg

小窓から、朝日が差し込んでて、記念にシャッター

DSCN7745.jpg

 窓辺に飾ってる一輪挿しも「いいね

DSCN7748.jpg

北側の窓

DSCN7753.jpg

西側の小窓

緑が、美しい季節です。


スポンサーサイト



底さらえ鑿

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN7704.jpg

私の先代からの遺留品?
「底さらえ鑿」です。

鑿の首と刃の裏が、直角ではないのですが
穴の底辺をさらえるのには、重宝しています。

DSCN7706.jpg

真田六文銭の旗印の正方形晩六門の
象嵌です。

使用している材種は、B・チェリー。ホウの木。黒柿。栓。B・ウォルナット。楢です。

修正

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN7671.jpg

正式名称は、「樋布倉決鉋」と書いて
ひぶくらじゃくり鉋と呼びます。

右勝手、左勝手があり、逆目にならない様に
右と左で、一対の鉋です。

でも、わざわざ揃えなくても、仕上げたい角度に削った
桟木にサンドペーパー#150位でも、十分。加工できます。

底さらえ鑿が、無くっても・・・

DSCN7672.jpg

これでも、十分。
目的をはたせます。

このように、「手間と時間を惜しまず、手持ちの
道具で、正確に加工出来るか?」を
考える時間が、与えられたのかとも
思います。

我々は、「大量生産・コスト・ダウン」に縛られ
長く使え、安心・安全・安価・再生可能な資源を
無限大に捉え過ぎてるのでは、ないでしょうか?

私は、アナログ人間です。

「手作り、逸品物」の世界です。
少々、手間暇かけた作り手が
見える、そんな生活必需品に
包まれて、私は、大事に生活し
次世代に残したいのです。