fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

刃研ぎ塾

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

今年最後の「刃研ぎ塾」
今回は、定員の12名参加。その内8名の方が、初参加。
いつもの通り、砥石の準備、刃物の種類の話から初めて・・・
比較的始めやすい両刃の包丁研ぎから、実技をして・・・

DSC03608.jpg

30倍の拡大鏡をモニターで、チェック。
刃が、欠けてないか?砥石の研ぎ目を見たり・・・。
見て納得の世界です。(画面の下のラインが、刃先にあたります)
そして、地金と鋼の模様が良くわかりますね。

色々な刃物(包丁(片刃・両刃)・鎌・鉈・ドロー・ナイフ・小刀・彫刻刀各種等)
10人十色の刃物。

其のうちのひとりは
カンナ刃の研ぎとカンナ台への仕込み、台直し、合わせをして

DSC03607.jpg

8分仕込みの新品のカンナを三木の鍛冶屋さんで、getされた西宮市の初参加者さん。
なんとか、5時までに仕立てられ試し削りが、出来ました。
これが、鉋スタートです。(写真は、鉋台の隙加減を確認してるところ)
「一に刃研ぎ、二に台直し、三に合わせ」
この三つが、揃ってやっと鉋削りが、楽しめます。

大工名人言葉に「刃研ぎは、禅の修行である」と公言されてる方が
おられますが・・・・・
でも、私はそこまで思いません・・・
「思い通りに削れたり、切れたり、彫れると楽しい」ので、刃物を研ぎます。
嫌な音もしないし、埃やゴミも発生しないし
何より、木の肌が艶やかになるのが、嬉しいのです。










スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/1020-2e55de80