丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

こくばかき?

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

庭木の枯れ枝や落ち葉で、焚付に・・・

DSC03622.jpg

昭和40年代後期まで、小学校の暖房は石炭ストーブ。
月に2回程は、ストーブ当番があって焚付の松葉や小枝を一括りにしたものを
山へ行って用意していました。
11月も今ころになると松茸山の解禁も解けて、自由に松茸山に入れ
豊作の年なんかは、今ころでも松茸がにょき・ニョキとあって持って帰ると
たいそう喜ばれました。
確か、「コクバカキ」と呼んでたような・・・



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/1022-30602593