fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

和太鼓のばち(撥)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

明晩の24日盆(丹波市氷上町愛宕祭)は、丹波市夏の最大のお祭り
花火大会は、なんと4000発も打ち上げられます。
我々、氷ノ川太鼓は氷上成松交流会館前にて、出演します。
子供太鼓(鼓輝)は、花火の前に演奏。
我々「鼓心」は、花火大会終了直後の演奏になります。
花火大会の観覧席(会場)からは、少し離れているので
観に来てくれる方は、ダッシュです。 (^_^;)

DSC09817.jpg

明日の晴れ舞台用に新調の檜の一寸撥(直径)を作りました。
手元から先まで、木目が真っ直ぐなのが良く。尚且つ年輪の間隔が、細かいのがグッド。
そして、持ち方は木目の細かな方を上に持つと折れにくいのですが・・・(印してる)

昔の野球少年だった頃は、もちろん木製のバット。
「メーカーのマークを上に持って・・・」と言われてたのと同じ理由です。
(木製バットの場合は、打球する面が柾目、マークは、板目面になってます)




スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/1155-a61ad013