丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

痒い所にとどく鑿

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00713.jpg

鏝のみと鎬鑿。共に痒いところに手が届く刃物。手仕事の味方です。刃物は、すべて大原氏のです。

写真は、三段小引出の隠し留め蟻継ぎ、製作途中です。材種は、ダブの木。

耳かきみたいな刃物が、必要な仕事です。でも、何故だか機械を使わず手工具でしたいんです。

きっちり出来たら、紹介しますね。

DSC00715.jpg

手前2本の鑿は、鉋の表馴染みを削る時に使います。一本は、刃返りを付けたまま使用します。

面白いように堅い樫の木が、ヤスリかけしたみたいに削れます。微調整にピッタリですよ。

今日は、痒い所に手が届く道具を紹介しました。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/121-83f8eb04