FC2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

道具としての楽器(篠笛)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSCN0301.jpg

篠笛も色々と種類がありまして・・・
先ず、音程で13種類程ありましてさらに、唄もの・神楽もの分類されて
6つ穴、7つ穴(指の抑える所)
また、プラッチック製、竹製の中でも純竹製、藤巻、カシュウ塗り、漆仕上げ、蒔絵を施したものと
数え上げて、コレクションしたら何百本となるでしょうし
金額も幾らかかる事でしょうか?

私が、普段使ってるのはプラッチック製の2千円もしない入門者用。
7本調子(B♭)唄ものです。

今回、竹製8本調子(C調)7つ穴をネットで検索して「ノーブランド」ものを
2千五百円位(着払い)で、購入。

西洋音階に調律してあるので、ピアノとかギターなんかとも
コラボ出来る様になりました。

後は、「使いこなせるか?」の練習に係っています。
「高価な楽器が、良い音するとは限らないのが、道具の世界」

また、水道管を利用しての自作される方や、竹箒に穴を開けて笛として
演奏されて有名になる方とか・・・
人によって楽しみ方や、自慢の仕方も人それぞれ・・・・・

私は、将来民謡から、童謡、神楽笛、囃子調が、こなせる笛奏者に
成りたいな・・・・・。






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/1263-e92268c9