fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

鉋の台屋さん

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC00748.jpg

先日、訪問した三木市の鉋台屋「かんななんか台打ち工房」の工房内部です。

台屋さんは、基本姿勢が胡坐をかいての作業になります。

大まかな木取りと穴掘りは、機械化されていますが、仕上げ作業と調整は鉋と鑿を使っての作業です。

だから、床の下からの、樫の木の丸太の上が作業台です。

鉋身の堅さ(納まり)具合とかが、この台の上で調整されると、音で解る様になります。

まさに、五感をフルに使った作業と合理的なレイアウトの工房です。

DSC00749.jpg

鉋台は、素材の樫の木が命。

奥丹波で、製材された白樫。

木目の通った厳選された樫の木、風通しの良い場所につまれて、乾燥中。

出番が来るのに3年以上かけて、熟成中。まるでウイスキーやクースー(古酒)の様です。

寝かせれば、寝かせるほど、安定した鉋台になります。

こうした熟練した技術と手間と途方もない時間をかけて、鉋台が仕込まれていきます。




スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/128-e631d6f9