FC2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

工房準備中

Posted by M’sクラフト on   1 comments   0 trackback

DSCN8027.jpg

アトリエの床を「無臭柿渋」で、再塗装。

8年前、この工房を建てた時、床板に構造用合板27ミリ厚の上に
杉の無塗装フローリングを張りました。靴を履いたままで入りするので
床用塗料は、使わずに「柿渋」2リッター×3本を使用し塗装しました。
でも、安全無添加なんですが、臭いがすごいのと耐久性と防水性に難があり
写真の通り、塗装面の劣化(剥がれというか摩耗による退色により、汚れと
シミが、目立つようになってきました)

この3月より、再スタートするので、今回は「無臭柿渋」で、再塗装。
新品?のような塗装面には、なりませんが三回目の塗りなおしの結果
より、渋くで深みのある落ち着いた床色になってきました。
臭いがない分、性能的にどうかなと思いながらの作業ですが、有臭(くさい)より、
塗りむらも少なく割と早く乾いてくれるので、カビの発生も見られませんでした。
結果、これから工房の床のメンテナンスは、「無臭柿渋」で決まり。

余談ですが、奈良の大学でコロナ感染症対策に「柿渋」が、有効である。という
報道がされていました。
それが、有効であると証明されれば、無垢のフローリングには「柿渋」。
壁面は、珪藻土壁、天井は、高く吹き抜け天窓を設け換気をさせ
暖房は、薪ストーブで暖を取り、やかんの蒸気で、加湿して・・・・・・。

静かで、夏涼しく、冬暖かく快適で、安心安全。
大空と緑に囲まれて、空気は清浄。
この丹波にお越しください。








スポンサーサイト



Comment

娘 says... ""
いよいよですね。
微力ながら手つだえそうなことあれば…^_^
またこどもたちも行きますね
2021.02.11 17:46 | URL | #J/4qLxeY [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/1334-397b0537