fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

仕事で研ぐ事の意味。

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00863.jpg

木彫教室を2クラス持ってて、毎水曜日に教室をやっています。

仕事にして10年以上やっています。定員は15名。

手ぶらで、出来る教室ってことで、彫刻刀セットも貸し出してて

その関係上、毎回10本入りセットの彫刻刀15人分を研いでいます。

最初の頃は、めんどくさい感じがあったのですが、切れない刀での作業は作品も

綺麗ではないし、なにより危ないので・・・。

時間にして半日は、係ります。

手を抜いているつもりはなくても「切れない」とクレームを言われたことがあり、

へこんだことがあります。

DSC00858.jpg

豆鉋達。手の中に入る位小さな道具ですが、性能は一人前。

それぞれの目的にあった鉋削りができます。

DSC00859.jpg

「幻の善作」の鑿じゃないけど「大原」氏の組鑿です。

作者を彷彿させる作風。野武士のような鍛冶仕事ぶりです。

DSC00860.jpg

彫刻用の鑿です。

DSC00861.jpg

鉋の調整用の鑿と槍鉋です。

DSC00862.jpg

多くは、大原氏による彫刻刀。私のお気に入りの彫刻刀達。

この時期(梅雨)に刃物の手入れを怠っていると、錆が生えて大変な事になります。

皆さんも頑張って研ぎましょ。怠けていると腕まで錆びてしまいますよ。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/149-56fa2dd6
まとめtyaiました【仕事で研ぐ事もある。】
木彫教室を2クラス持ってて、毎水曜日に教室をやっています。仕事にして10年以上やっています。定員は15名。手ぶらで、出来る教室ってことで、彫刻刀セットも貸し出しています。その関係上、毎回10セットの15人分を研いでいます。最初の頃は、めんどくさい感じが...