丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

我が家のテーブルの脚

Posted by M’sクラフト on   0 comments   1 trackback

DSC00897.jpg

我が家のダイニング・テーブルの脚部です。

20数年前、木工雑誌に作り方の特集記事を書いてもらうために

2日で作った作品です。(早出と徹夜の2日間でした。)

材料は、紅松というロシア産(沿海州)の松です。日本名で言うと

姫小松です。(現在は、輸入されていないのか、材木屋さんでも見かけなくなりました。)

寒冷地で育った木は、木目が細くて油分を多く持っています。

完成時は、チーク・オイルを軽く塗って拭き上げただけの塗装方法ですが

良い感じで飴色に生ってくれたものです。

時間経過で良くなってくるのが、無垢の木の家具の良い所・・・。

ひと肌に近いのが、天然木。

暑い時期には、ひんやりとした肌さわり、寒い時期には、

何故か暖かく感じる、木の肌触り。

我々と同じように呼吸をしてるから、湿度の多い時期には、湿気を吸ってくれて・・・。

空気が乾燥してきたら、保湿のために水分を・・・。

まるで、呼吸するかのように我々の生活に潤いを与えてくれます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/165-d07ecb2e
まとめtyaiました【我が家のテーブルの脚】
我が家のダイニング・テーブルの脚部です。20数年前、木工雑誌に作り方の特集記事を書いてもらうために2日で作った作品です。(早出と徹夜の2日間でした。)材料は、紅松というロシア産(沿海州)の松です。日本名で言うと姫小松です。(現在は、輸入されていないのか...