fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

刃の裏出し

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02009.jpg

これは、彫刻刀の印刀の裏だしの略図です。 まず、裏切れの状態を理解したください。

日本の刃物の片刃といわれる、刃物類は、鋼と地金が張り合わせて、出来ています。

(黒板中央の黄色の部分が、鋼です。)無色の所が、地金(柔らかい、極軟鉄です。)

裏切れしている刃物を金床にのせて、図のように地金の3分の1の所を先切りの小槌で、叩いて

裏側に刃物を反らします。

それから、平らな砥石の上で、研ぎあげて、右の図の様にします。

DSC01861.jpg

刃渡の中央部分が、裏切れ状態です。

DSC01862.jpg

金床の上で、3分の1の所をトンチンカンと軽く叩きます。

すると、彫刻刀は薄いので簡単に、反って行きます。

DSC01864.jpg

♯800番のダイヤモンド砥石、#1000番、#3000番、6000番と

だんだん目を細かくして、仕上げていきます。

DSC01865.jpg

これで、刃裏の研ぎあがり。

どうです?  簡単でしょ?

11月11日(日)は、「刃研ぎ塾」。

抽選に漏れた方、ごめんなさい。たぶん次回も

2か月後開催しますので、申込みしてみてください。

この、ブログで、概略は紹介していきますので、ご愛読のほど

よろしくお願いします。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/290-7990a423