fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

木工倶楽部その2

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

前回より、少々難しい継ぎ手。「上端留め7枚蟻組接ぎ」という長い名前の

継ぎ手の実習です。これが出来たら、テレビ・ボードとかの板組の棚類が

かっこよく出来ます。

DSC02017.jpg

初回同様に墨付けの手順の説明。この図は、立て板側の墨付け

DSC02018.jpg

神戸市のTさん特製の蟻型定規。便利グッズです。

DSC02021.jpg

横板側の墨付けです。

DSC02023.jpg

鋸で、大まかにカットして、鑿で加工していきます。仕上げは、木口を水で濡らし

あて定規に沿って鑿を入れて行きます。

DSC02020.jpg

墨線の半分残す気持ちが、大切です。

DSC02024.jpg

仮組です。ここまでして、ちょうど時間切れ。

DSC02025.jpg

我が家のテレビ・ボードです。材料は、スプルースの柾目板。アクセントに契りを

両端にして、今回の上端留め継ぎ蟻組接ぎで、組んでいます。

このくらい大きなものの方が、加工はしやすいので、皆さん挑戦してみてください。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/292-3ef7fa52