fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

金物の街三木市(鉋鍛冶編)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

鉋台屋さんの次は、鉋鍛冶屋さん。

DSC02074.jpg

ご当主の山本名人(伝統工芸士)に鉋刃作りのレクチャーを受けています。

DSC02075.jpg

後方、中央にあるのが、コークス炉。ここで熱せられた錬鉄と鋼が、沸かされ右側の機械

スプリング・ハンマーで、締められます。(表現が、難しい)

DSC02076.jpg

日本の刃物は、柔らかい地金(極軟鉄)と堅くて粘りのある鋼(はがね)で、出来ています。

日本刀の場合は、鋼を柔らかい地金でサンドイッチしています。

鉋や小刀、鑿や彫刻刀は、片刃の刃物で、表側には、地金、裏側に鋼を張り付けて出来てます。

写真は、チェーン地と言って、高級地金の素材です。

DSC02077.jpg

こちらの建屋は、先代の建てたもの。私の工房と一緒の木造小屋組。

DSC02078.jpg

これが、鞴(ふいご)と松炭で火作りしてた鍛冶場です。(これが、本物です)

このシステムで、1200度まで、炉内を熱することが出来ます。すごい

古式鍛錬とは、これで仕事が、出来ることを言います。

DSC02081.jpg

出来た鉋刃に銘を切ってもらっています。

DSC02083.jpg

お買い上げの方の要望で、「夢」と刻んでもらいました。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/299-20eb24f0