fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

金物の街三木市(鋸目立て屋さん編)

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

次は、ノコギリの目立て屋さん。

組合長の吉田さんです。御年80^うん歳です。現役です。伝統工芸士の称号も

持っておられます。

かつては、お弟子さんが、住み込み修行に来られてた時代もあったとか・・・。

鋸も替え刃式鋸になって、十数年・・・。

鋸目立て職人に未来は、あるのか? 非常に心配です。

伝統工芸とか伝統文化は、一度消えてしまうと復活には、凄い時間と労力と資金が必要です。

DSC02085.jpg

凄い眼光で鋸を凝視され鋸の良し悪しを即座に回答されます。

DSC02086.jpg

目の前の窓の薄手のカーテンは、閉じられていますが、蛍光灯の明かりで、御判断。

この道60年位の眼力には、脱帽です。

一見、何気なく胡坐をかいておられますが、この姿勢が、一日中出来ないと目立て屋には

なれません。

私も10年くらい前に3日程、他の所で修行したことがあったのですが、結局

この姿勢が出来ず、断念しました。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/300-c463f245