丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

木を読む

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC02273.jpg

綺麗な細目のヒバの木ですが・・・。

木口に気になる腐りと青い変色跡。

DSC02270.jpg

末木口側に(チョークで印)腐り発見。

DSC02271.jpg

元木口側には、青い変色跡。たぶん、天から地まで、腐りと変色が、つながって木の繊維が

傷んでるはずです。そこで、依頼者の方に説明をして欠点部分を避けるようなデザインに

してもらいました。

DSC02272.jpg

カットしてみると、想像したとおり腐りと変色は、つながっていました。

このように、木の周りから良く観察して、中身がどうなっているのか?

また、木が、反ってきたりしないかとか、割れたりしないかとか、

まわりを見て判断するのが、難しいのです。

ちなみに、これらの事を「木を読む」と言っています。

DSC02274.jpg

明日、11月17日(土)は、年に2回の「木木市」

丹波地域の製材所さんが、建築材から、クラフト材料まで、豊富に持ち寄って

おられます。私が、少し見ただけでも、栃の木、榎、欅、杉、檜、スプルース、松など

おおきなテーブルが出来そうな、天板とかもありましたよ。

皆さんも、自分の目利きで、必要な材料をさがしてみてください。

心がけることは、適材適所。人も木材も一緒ですよ・・・。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/325-baf846d0