丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

床の間

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback


丹波の田舎の床の間です。

お正月には、一本しめ縄(ごんぼ)で、床の間を〆ます。

DSC02616.jpg

垂れ下がってる、ワラの数が、5本が神事用です。

仏壇の上には、3本だそうです。

丹波だけの習わしかな?  

このしめ飾り、連日登場の藤林喜代司さん作です。 

今度は、作り方を見学にきます。(紹介しますね)



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/378-57e118e9