丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

道具のメンテナンス

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

15名分の彫刻刀を毎週、研いでいます。

一人分が、10本組なので150本と特殊サイズの彫刻刀を入れると200本くらいに

なります。

DSC02681.jpg

先輩先生(79歳)の鉋。刃口が、広くなって使いにくくなっていたので

赤樫の木口で、つめてやることにしました。鉋台の刃口に8ミリ幅の溝を掘って

木端に接着剤を塗って、つめてやり圧着です。

DSC02682.jpg

クランプを外したところ。

DSC02683.jpg

刃を入れて、刃口の透き間を作ります。出来るだけ狭く、鉋屑が通るだけの透き間にします。

台尻と刃口が平行にあたる様に台減らし、表馴染みの下側は、強めに台を減らします。

DSC02684.jpg

これで、使いやすく調整もしやすく、逆目の出にくい鉋になったと思います。

興味を持った方は、刃研ぎ塾か、木工倶楽部へどうぞ・・・。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/392-9167ec93