丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

芋矧ぎ

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

木工基礎講座も6日目。今日は、座板の矧ぎ合わせ。

アルダーの板目板、2枚を接着して幅30センチの座板にします。

鉋を調整して、接着面中央部分が、ハガキの厚さ位の透き間を作ります。

DSC00465.jpg

接着剤を適量塗りまして・・・。

DSC00464.jpg

クランプで、両面から圧締。一日、乾燥させます。

DSC00466_20130510225503.jpg

おさらいです。これからの時代。幅の広い板は、もう流通しないでしょう。(幅30㎝以上は、銘木扱い)

よって、小幅な板を何枚も接ぎ合わせて、いかないと希望のサイズの無垢の板が、得られません。

木工講座必修の課題なので、繰り返し訓練して、自分のモノにしましょうね・・・。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/519-365ba71b