丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

行ってきました木工二人展

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

良いもの丹波からの番外編。良いもの播州西脇から

DSC02932_20140717222111ce9.jpg

国登録有形文化財 旧来住家住宅の蔵が、今回の展示会場。
藤田氏と田中氏の木工二人展が、7月30日まで開催されています。
DSC02930_20140717222114845.jpg             DSC02929_20140717222112cd8.jpg 
写真をクリックすると多少、大きな画像になります。

一階には、主に藤田幸平氏の作品が展示されてて、作品は轆轤挽きされた花器や
グリーン・ウッド・ワーキング(生木)
の椅子(鉈、斧、ドロウ・ナイフ・足ふみ式轆轤等・・・
手工具だけで、製作された作品)ティー・テーブルなど・・・・・。

階段を上がって、2階に上がると・・・田中氏ワールド。

DSC02927_201407172222055d8.jpg             DSC02921.jpg

ケヤキ、栃、栗、楓等。
国産銘木の杢(木目)が、活かされた器が、色んな形と塗り(主に漆仕上げ)で、表現されています。
そして、お二人とも量産化できない手彫りで、一品一品丁寧に仕上げられています。
お二人とも私と同世代ですが、若々しくバイタリティー溢れる作品ばかり・・・。
作品から元気を貰える作品展です。
期間は、7月30日まで 10:00~18:00 休日 22日・28日

旧来住家住宅のボランティアガイドさんの説明は、明日にでも・・・(予定)
予告  名家とは職人のパトロンですね・・・。






スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/937-922b974d