fc2ブログ

丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

最新「刃研ぎ塾」

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

DSC03269.jpg

イギリス製のドロー・ナイフとキャビネット・スクレーパーと日本製の斧。

ドロー・ナイフとスクレーパーは、刃物の種類で言えば、片刃の刃物で
日本製の鑿や鉋と同じ仲間です。
違う点は、全鋼(刃物全体が、ハガネで出来てる点です)
日本製の刃物は、地金(極軟鉄)と鋼を合わせた作りになっているので
研ぎやすい利点と刃裏の裏すきと相まって、最高の「切れ味」が
実現できるわけです。

※ 昨日「栃の実」のことをブログしたのですが、今日、播州地方の方から
  聞いた話で、「栃の樹は、飢饉の時でも切るな」という言い伝えが
  あるそうです。栃の実が、非常食になるというのが訳なのかは、解りません。
  私たちの地方では、彼岸花の球根が、生食では毒なのが「あく抜き」をすれば
  「ユリ根」と同じような食感になって、飢饉の時、料理するのだときいてます。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/970-d5b2c71f