丹波の木工屋

丹波の生活の中の木工

About me

丹波の生活から, 木と楽しみながら 創ることを発信したいな・・・ 人間らしい、生き方とは・・・。 営みとは・・・。

オーバル・ボックス

Posted by M’sクラフト on   0 comments   0 trackback

木型と型紙が出来たら、加工です。
大中小のサイズの中で、作り易いのはやっぱり大きなサイズ。

DSC03468.jpg

糸鋸機で、おおまかにカット(墨線を残すのがコツ)
後は、小刀(私は、あえて左用を使います)で、仕上げて面取りも
角度を決めて仕上げます。

DSC03469.jpg

型紙から鋲釘が、入る所をマークして千枚通しで印して
卓上のボール盤に1,2mmの鉄鋼ドリル刃を取り付けて、回転数も機械の最高回転に
プーリーの組み合わせを替えて・・・。

DSC03470.jpg

反対側の重なり合う部分をカンナで、削ぎ仕上げます。
これで、下準備終了。流し(シンク)に水をはって浸けておきます。
作業は、また後日報告します。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yunngyunng.blog108.fc2.com/tb.php/999-18901ade